篠山市が丹波篠山市に改名した理由は「丹波ブランド」

*

2019年5月1日、兵庫県の篠山市が丹波篠山市に改名されました。 兵庫ニュースで流れまくっていますが全国的にはあまり知られていないでしょうし、そもそも篠山市なんて聞いたことないって人が大多数でしょう。

改名した理由は「丹波ブランド」のためです。 丹波ブランドのおこぼれに与ろうって訳ではなく、丹波ブランドの主が篠山市なんです。 丹波の黒豆を生産しているのって、隣の丹波市じゃないんですよ。

篠山市が丹波篠山市になった経緯

*

丹波篠山市は兵庫県の中部東端にある市です。 関西住まいであれば黒豆を買いにいく人も多いですが、全国的な知名度はほとんどないと思います。

実はこの丹波篠山市、有名な「丹波の黒豆」の生産地で、他にも栗や牛などの丹波ブランド商品を数多く扱っています。 そして旧名「篠山市」から市名を変更した理由は、大体これにあります。

丹波篠山市は元々「丹波」「篠山」というキーワードでブランド戦略を行っていました。 丹波とは昔の行政区分である「丹波国」の丹波地方に由来しています。

兵庫県は令制国でいう所の「但馬国・播磨国・淡路国の全域」「摂津国・丹波国の西半分」「美作国・備前国の一部」の計7か国から成る県です。 これは北海道に次ぐ多さであり、旧行政区分を無視した統合の影響からか出身を地方で言う文化が根強く残っています。

神戸市民が出身県を聞かれると「神戸です」と答えるのもこの影響ではないかとかなんとか。もっとも県外民に対して地方名で答えるのは神戸市民ぐらいなものですが。

そんな丹波ブランドを築いた篠山市でしたが、2004年に問題が発生します。 篠山市の近くにある市町村が合併して「丹波市」が成立してしまったのです。

丹波市も旧丹波国であり名前に偽りはないのですが、これが篠山市が作ってきた丹波ブランドに大きな影響を与えます。 丹波ブランドを買い求めに来た人が、篠山市ではなく丹波市に流れてしまったのです。

こういった兵庫県事情をよく知らない人が丹波ブランド品を買う際、丹波市が作っていると勘違いするケースが少なからず発生してしまいました。 更に2005年になると京都府に京丹波町が成立し、更に丹波が増えてしまいます。

旧丹波国は西半分が兵庫県、東半分が京都府に組み込まれており、京都府側の旧丹波国は「京丹波」を名乗っています。 京都は何でもかんでも頭に「京」を付ける傾向があるのです。京田辺とか、京野菜とか、京風とか…

元々全部丹波国なので篠山市が文句を言う筋合いはないのですが、この状況は丹波ブランドを作ってきた篠山市にとって面白くありません。 更に追い打ちのように兵庫県からも消費者が誤認する可能性があると「篠山市産」に表記を変えるように指導が入ります。 そんな篠山市の丹波ブランド消滅の危機を、篠山市の頭に「丹波」を付けて「丹波篠山市」に改名することで切り抜けようとしたのです。

この改名騒動は篠山市で大きな関心を集め、住民投票により改名するかを決める運びとなりました。 投票率69・79%という稀に見る投票の結果は「賛成56.4%」「反対43.6%」で賛成多数の結果となり、改名される運びとなったのです。

なお投票の成立要件に「投票率50%」があり、これを満たせるかも一つの関門でした。 反対派は投票しなきゃ良かったのでは?とか言っちゃダメです。

そして2019年5月1日、篠山市は丹波篠山市に改名されたのです。 これで問題が解決したのかは、今後の動向を見守りたいと思います。

丹波篠山市の特産品

*

折角の機会なので丹波篠山市の名産品を紹介しておきましょう。

全国的な知名度の「丹波の黒豆」は市名変更と併せて「丹波篠山の黒豆」に名称変更されたようです。 何だか名前を似せた偽物みたいになった印象もありますが、本物ですので安心してお買い求めください。 これで丹波市が丹波の黒豆を売りだしたら面白いんですが、丹波市の枝豆農家の方どうでしょうか?

丹波篠山市の牛である「丹波篠山牛」は元々この名前でした。 ちなみに「丹波牛」は京丹波町の特産品であり、こちらは丹波篠山市とは関係ありません。 丹波篠山市にも丹波牛を出すレストランがあるのがまたややこしいですが、こちらは京丹波町にお買い求めください。

他に丹波を冠する商品には、大粒で甘い「丹波栗」があります。 こちらは丹波地方の栗を表す言葉なので名称変更はない…はずです。 丹波篠山市の専売特許という訳ではありませんが、丹波篠山市での販売も盛んなのでぜひどうぞ。

他にはイノシシ肉のぼたん鍋が有名ですね。 地元で採れたイノシシと農作物が一緒に煮込まれた鍋は絶品です。

なんだか丹波の回し者みたいになってしまいましたが私は摂津の者です。 距離的に近いこともあって丹波篠山市に行く機会があるのです。美味しい物が沢山あってなかなか良いところですよ。

\share/

よく読まれている記事