仏教発祥の地インドには仏教徒がほとんどいない

buddhist

仏教は釈迦によって創始され、中国を通して日本に伝来した宗教です。 日本は仏教国であり、7割程度の人が仏教徒であると言われています。

それでは発祥の地インドにはどれだけ仏教徒がいるんでしょうか? …実はほとんどいないんですよね。

インド仏教の歴史

syaka

紀元前4~5世紀頃、現在のインド辺りにある国の王子として生まれたゴータマ・シッダールタは29歳で出家し、やがて悟りを開いて「ブッダ」となり仏教を創始します。 その教えは経典にまとめられ、釈迦の没後にも仏教は広がり続けました。

仏教において悟りを開いた者のことを「ブッダ」と呼びます。 またゴータマ・シッダールタはシャカ族の聖人の意で「シャカ」とも呼ばれました。

ゴータマ・シッダールとシャカは固有名詞、ブッダは称号です。

ゴータマ・シッダールの没後から百年ほど後、仏教は経典の解釈・思想の違いから20の部派に分かれる部派仏教を迎えます。 仏教は細かい部派に分かれてはしまいましたが、しかしまだまだ全盛です。

しかし4世紀になると、インドはヒンドゥー教を信奉するグプタ朝によって統一されます。 民衆もじわじわヒンドゥー教を信仰し始めますが、仏教もインド北西部などでまだまだ勢力を誇っていました。

しかし国教であるヒンドゥー教に押されて時代を下るごとに徐々に衰退し、更に11世紀になるとイスラム教国がインド侵入してきます。 11世紀にはガズナ朝がインドへ17回もの出兵を行い、続いてゴール朝がインドへ侵攻、1202年にはベンガルまで制圧されました。

この際にインドのヒンドゥー教や仏教の寺院は破壊され、信徒は迫害されることとなりました。 イスラム教国はインド北西部から侵入してくる形になるので、インド北西部で勢力を誇っていた仏教は特に酷い打撃を受けます。

仏教僧はインドから脱出しネパールなどへ逃れますが、これがインドでの仏教衰退を決定付けました。 対してヒンドゥー教はインドを制圧したデリー=スルタン朝が信奉を認めたため盛んでした。

また仏教は「現世の虚しさを悟り執着を捨てよ」という、持てる者の贅沢のような側面がありました。 これは持たざるものである民衆には支持されにくい性質であり、仏教の主な信奉者は上流階級の人々でした。 神に救いを求めた民衆がヒンドゥー教を信奉して先細りしていったのも衰退の要因です。

その後もいろいろありましたが、今日のインドは国民の8割がヒンドゥー教を信奉するヒンドゥー教国となっています。 次いでイスラム教が1割ちょっとで、仏教は1%未満のマイナー宗教でしかありません。

今日の仏教国

thai-buddist

本場インドでは色々あって衰退してしまった仏教ですが、東アジアを中心に仏教の教えはそれなりに残りました。 タイ、カンボジア、ブータン、ベトナム、ミャンマー、スリランカ、ラオス、日本などは仏教を信奉する国民の割合が多い仏教国です。 ちなみに仏教徒が一番多いのは中国ですが、これは元の人口が多いためで割合としては15%弱程度です。

今日の仏教は釈迦が提唱していた釈迦仏教とは大分形も変わりました。 例えば釈迦仏教には死者に囚われすぎるのはよくないこととされお墓なんてのも存在しませんが、日本の仏教とは大分違いますよね。 もっとも日本の仏教の元となった唐の仏教の時点で儒教の影響を強く受けていたようなので、伝来した時点で違うものだったのかもしれません。

各国・地方の時代や歴史の中で、仏教は独自の進化を遂げて今日まで残っています。 本場がなくなってしまった分まとめる勢力がおらず、むしろ多様性に富めるようになったのかもしれませんね。

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

HOME