見るだけでも危ない!違法サイトの危険性

インターネットに存在するサイトは10億以上と言われています。 その中には違法なサイトも星の数ほど転がっており、また利用者も多く膨大なアクセス数を集めています。

これら違法サイト、実は閲覧にリスクがあります。 法的な話に限らず、悪質な広告・スクリプト・ウイルスなどが仕込まれていることが多いんですよ。

違法サイト閲覧のリスク

マイニングに利用される

マイニングとは

マイニングとは「発掘」の意で、仮想通貨を取得するための手段のことを指します。

仮想通貨は特定の機関で通貨を管理せず、全ての取引を互いに監視し合うことで成り立っています。 この作業は本来なら数千数万台のサーバが必要な大変な作業です。

特定の機関が管理していない仮想通貨がこのリソースをどこから捻りだしているのかと言えば、皆のPCやスマホから少しずつ借りて行っています。 しかし無料でリソースを貸せと言われても貸してくれないので、協力者への報酬として仮想通貨が支払われています。

サイト閲覧者にマイニングさせる

このマイニング、実はサイト閲覧者にスクリプトを読み込ませてやらせることが可能です。 通称「仮想通貨マイニングスクリプト」と言い、読み込むとサイト閲覧者の機器リソースを使ってマイニングが行われます。

マイニングはCPU・GPU・メモリなどのリソースを使う作業であり、機器の電力を消費し寿命を縮める行為でもあります。 これをやらされる方はたまったもんじゃないですよね。

ウイルス・スパイウェア感染のリスク

違法サイトは運営者が悪意を持っている場合が多く、ひどいサイトになるとページを閲覧しただけでウイルス感染する場合もあります。 システムやウイルス対策ソフトで止めきれない凶悪なウイルスに感染させようとする危ないサイトもあるので、そんなサイトは閲覧自体を控えた方が良いでしょう。

そこまでではないにしろ「スパイウェア」と呼ばれる機器の情報を漏洩させるプログラムやスクリプトを仕込まれることは多いです。 スパイウェアにそこまでの害はなく普通にネットをしていれば数十数百といつの間にか仕込まれる物ですが、まあ気持ち悪いし場合によっては害になることもあります。 一度チェックツールなどでどれぐらい入っているか確認してみるのも良いでしょう。

また違法サイト製のアプリにはウイルス・スパイウェア・アドウェアなど危ない要素が盛り沢山です。 アプリのインストールからのウイルス侵入はウイルス対策ソフトでも止められない場合が多いのでインストールは止めましょう。 一旦入れてしまったら単純にアンインストールしただけでは消しきれない場合も多いので削除後はウイルスチェックもお忘れなく。

悪質な広告が多い

違法サイトが運営される目的は主に金銭目的で、その手段として広告掲載を利用することが多いです。 しかしまともな企業は違法サイトに広告を置くのはイメージダウンに繋がるのでやりません。

なので違法サイトの広告は通常のサイトには設置できないような、アダルト・ギャンブル・悪質なものが多くなります。 中には「ウイルスに感知しました!」などのシステムメッセージを騙って不安を煽る広告や、通話アプリのポップアップに似せた広告など、騙してクリックさせようとするものも多いです。

法的なリスクもある

違法にアップロードされた画像や動画を閲覧することは違法ではありませんが、ダウンロードすると違法になります。 この合法と違法の境界線がどこにあるか、きちんと説明できる人はそれほど多くありません。

例えば違法動画を閲覧して生成されたキャッシュファイルを一時フォルダから移動させれば違法行為になります。 これ知らない人が意外に多いです。

きちんと法律を知っていれば、違法サイトを合法的に利用することも可能です。 例えば違法アップロード動画を閲覧するのは、倫理的に問題ありますが違法行為ではありません。

しかし法律をよく知らないまま違法サイトを利用し、知らずに違法行為に手を染めている人も少なくありません。

違法サイト閲覧は自己責任

違法サイトの中にはそこらのサイトよりずっと人気で膨大なアクセスを集めるサイトも多くあります。 友人知人の多くが利用している違法サイトもあり、ブックマーク数ランキングを作ったら上位が違法サイトだらけだったなんてこともあります。

しかし皆が使っているからといって油断してはいけません。 違法サイトは法律・倫理観・品性をかなぐり捨てた先に出来たサイトなんですから、運営者の質も推して知るべしなのです。

ただ大抵はビジネスでやってる場合が多いので、よほど悪質なサイトでない限りはそう無茶なことはしません。 ネットリテラシーを高める、セキュリティ対策する、壊れても良い機器で接続するなど、サイトの危険度に合わせた対策をすれば、大抵は安全に利用できます。

特に多数のアクセスを集めている有名違法サイトは、それほどの危険性はない場合が多いです。 アクセスが多いとリテラシーの高いユーザーもやってくるし、そこで危険を察知されるとサイトの信用が落ちてしまうからですね。 商売する以上は違法サイトと言えどもバランス感覚が必要なようです。

本当なら「違法サイト閲覧は止めよう!STOP違法サイト!」と言うべきかもしれませんが、それは他の人に任せることにします。 需要がある以上はアクセスが集まりますからね。エロサイトとか、漫画サイトとか、ゲーム配布サイトとか…

違法サイトは自己責任で閲覧しましょう。

B!

IT界隈で使われる「hoge」は、無意味なメタ構文変数

「スパム(ネットの荒らし行為)」の由来は缶詰のSPAM

ITの記事

プログラミング言語とマークアップ言語(HTML・CSS)の違い

プログラム未経験向け、大雑把に分かる「プログラムとは何か」

サイトやアプリのボタンが起動されるのは「押して離した時」

謎のキー「CapsLock」「NumLock」「Ins」の効果と用途

ネットに書いたことは消えない!そんなネットと「忘れられる権利」

SNSフォロワー数・いいね数の水増しアカウントの見分け方

ITの記事一覧HOME