人は当たり前の心理によって山で遭難する

皆さんは遭難話を聞いたことがあるでしょうか。 テレビ番組で見たり、本で読んだり、実体験を聞いたなんて人もいるかもしれません。

遭難話を聞いていると「何故この人はそこでそんな判断をしたんだろう」と疑問に浮かぶことがあります。 「自分は同じ状況にあっても、冷静な判断ができるから遭難なんてしない」なんて言う人もいますね。

しかしこれは遭難した人が特別おかしいのではありません。 遭難した当事者も他人の話であれば異常を認識できるのに、実際に当事者になると異常な判断をしてしまうのです。

これは人が当たり前に持つ心理が、冷静な判断を阻害しているのが原因です。

A氏の遭難体験

私が聞いた遭難話を例にして、人間心理による判断ミスが起きる経緯を見てみましょう。 まずは話のあらすじをお話します。

A氏は忙しい仕事の合間を縫って休日を取り、以前から登りたかった遠方の山へとやってきました。 明日はまた仕事のため日帰りで、昼過ぎに登頂して暗くなる前に下山し帰宅する予定です。

予定通りに山頂に辿り着き、風景をひとしきり楽しむと下山を始めました。 しかし同じ道を戻るのも味気ないので、裏道ルートを通って帰ることにします。

裏道はあまり整備されていないため、それらしい道や目印を頼りに山道を進んでいきました。 しかし大分歩いてそろそろ本道と合流する頃になっても、中々道が見えてきません。

A氏は多少の違和感を感じつつも、きっともう少し先だろうとそのまま進みます。 しかしいくら歩いても状況は変わらず、見覚えのない沢に出たところで道を間違えたことに気付きました。

どうするか思案したA氏は、ひとまずスマホを使ってネットで地図を確認することにします。 周囲の景色から大よその現在地を割り出したところ、沢を下れば下山できそうに思えました。

来た道を戻るか、沢を下るか。少し考えたA氏はそのまま沢を下ることにします。 草木が茂る険しい道を必死に歩きましたが、しばらくすると崖に出てそれ以上進めなくなってしまいました。

別の場所から下れないか迂回路を探しましたが、どうにも道は見つかりません。 そうこうしているうちに日が暮れてしまい、A氏は暗い山の中で身動きが取れなくなってしまいました。

電話は通じたので家族に経緯を説明し、暗い山の中で一夜を過ごすハメになりました。 そして日の出と共に来た道を必死に戻り、何とか無事帰り着いたのでした。

人が山で遭難してしまう心理

この話には二つの大きな岐路があります。 ひとつは「見覚えのない沢に出た」時、もうひとつは「崖に出た時」です。

どちらにしても引き返すのが正解であり、この話を見た人の多くもそう判断します。 それにもかかわらず自分が当事者となった時に引き返せない人は少なくありません。

これはこの状況に直面した時の、当事者意識や状況の差に起因しています。 当事者としての心理を考えながら見てみましょう。

間違いを認められない

見覚えのない沢に出た時にすでに雲行きは怪しく、この時点で誰かに連絡しておくべきです。 しかしA氏は誰にも相談せずに自力で解決しようとしました。

これは異常事態を過小評価する「楽観主義バイアス」や「間違いを認めたくない心理」が影響しています。

ここで周囲へ相談するのは、自分の過ちを認めそれを他人と共有することです。 しかし現時点で状況はやや怪しいですが、まだ失敗は確定しておらず、挽回できる可能性もあります。

本格的にどうにもならないならともかく、どうにかなりそうな状況で失敗を認めるのは嫌ですよね。 そんな心理が早期段階での報告を阻害したのです。

正解が分からない時に困難な選択ができない

沢に出て地図を確認した時、A氏には「進む」か「戻る」かの二つの選択肢がありました。

戻るのは手堅い選択ですが、これは余計な時間と労力をかけてスタートに戻る行為です。 一日中歩き回って疲労している状況で更に来た道を戻るのは大変ですし、帰宅は予定よりも大幅に遅れてしまいます。

一方でこのまま進めば、上手いこと下山できる可能性は残っています。 予定通り帰宅してゆっくり休み、明日の仕事に備えることができるかもしれません。

人は困難でも正しい道を歩む力を持っています。 しかしそれはどちらが正しいか分かっている時の話で、正解が分からない時に困難な選択をするのは容易ではありません。 「沢を下れば下山できそう」なんて都合の良い情報まで手に入ってしまったのも一因かもしれません。

異常を異常と認識できない

進むか戻るかのどちらが正解かはともかく、現状は遭難一歩手前の異常事態です。 こんな時は困難でも手堅い選択を選ばなければなりませんが、しかしその冷静な判断をこれまた人間心理が邪魔します。

人は周囲の変化から受けるストレスを軽減するため、ある程度の異常は正常の範囲内として処理しようとします。 これを「正常性バイアス」と言いますが、このせいで多少の異常ぐらいでは自分が異常事態の最中にいることが分からなくなります。

それによりA氏は最良の戻るべきタイミングを逃し、ずるずる誤った道を進むことになってしまったのです。

かけたコストが膨大で引き返せない

A氏は沢を下るもやがて崖に突き当たってしまいます。 これは自分が失敗したことを殊更強く意識する出来事でした。

こうなると流石に戻るのが正解だと認識できます。 しかしここでさっさと引き返せるほど、人の心は単純ではありません。

険しい道を時間をかけて進んできたので、ここから戻るのは前にも増して困難です。 来た道を戻れる保証はありませんし、上手く引き返せたとしても体力的にも時間的にも今日中の下山は無理です。

今更引き返せなくなったA氏は、往生際悪く迂回路を探そうとします。 これは今までかけたコストが膨大で引き返せなくなるテンプレ心理の「コンコルド錯誤」というやつです。

迂回路は見つからずに諦めて戻ることになりましたが、むしろ見つからなくて幸運だったかもしれません。 無理して降りて余計にマズイ事態にならずに済んだのですからね。

人間は決断を避ける

人間は決断やリスクを避けようとします。 特に成功すれば挽回できる可能性が残っている時に、手堅く諦めることは中々できません。

しかし決断を避けることもまた、リスクを積む行為になり得ます。 そうして決断を避けて現状をだらだら続けた結果、やがて膨れ上がったリスクが遭難や事故に繋がってしまうのです。

遭難は登山趣味がなければほとんど他人事ですが、この心理によって破綻するのは他人事ではありません。 これは日常生活においてもよくある類の話です。

どうにもならなくなってから白状して早期連絡しなかったことを怒られる、失敗すると分かっているプロジェクトを止められない、借金を自分で解決しようとして利息が膨れ上がり破産する、夢を追いかけ続けて失敗する…。あなたにも大なり小なり心当たりはあると思います。

この話を教訓にして、日ごろから冷静な判断を心掛けたいものですね。

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

eyecatch

三毛猫のオスは染色体異常でしか生まれず非常に珍しい

eyecatch

世界最強の毒を持つカエル、モウドクフキヤガエル

eyecatch

これ何て名前?身の回りにあるモノの名前

eyecatch

日本は温帯なのに熱帯より暑い?気温と体感温度の違い

eyecatch

これ何て名前?街で見かけるものの名前

eyecatch

SNSでの住所バレ、一体どうやって特定しているのか

HOME