カレーうどんとカレー南蛮の違い

ある日カレーうどんがおいしいと評判の店に入ると、カレーうどんがメニューにありませんでした。 代わりにメニューには「カレー南蛮」と書かれていました。

釈然としない思いでカレー南蛮を注文しましたが、見た目カレーうどんです。あ、味はおいしかったです。 しかしカレーうどんとカレー南蛮、いったい何が違うんでしょうか。

南蛮とは南蛮渡来の食材のこと

日本では西洋人のことを「南蛮人」と言っていました。 西洋のものを「南蛮渡来の」などと表現しますよね。 これは西洋人が東南アジアから日本(東アジア)に来たことに由来する表現です。

その南蛮渡来の品に「長ネギ」「唐辛子」「かぼちゃ」などがあります。 これらを使った料理を「○南蛮」と表現しているようです。

カレー南蛮に入っているのは長ネギ。つまりカレーうどんとカレー南蛮の違いは長ネギの有無という訳ですね。 ちなみにカレーうどんは長ネギではなく玉ねぎを使います。玉ねぎも思いっきり南蛮から入ってきていますが、そこは深く考えないことにしましょう。

ちなみにカレー南蛮って、必ずしもカレーうどんのことを指さないみたいですね。 「カレー南蛮うどん」や「カレー南蛮そば」など麺類まで書くのが正式みたいです。 私が食べた店には麺名が書いてなかったので、次に行った時にでも突っ込んでおきましょう。

B!

実は同じ言葉を繰り返している「重言」一覧

チャーハンと焼き飯とピラフの違い

何が違う?の記事

アルビノと白変種の違い

「ジュース」と「清涼飲料」の意味はイメージと違う

ベジタリアンは栄養不足になって危険

「雑学」と「豆知識」と「うんちく」の違い

「お好み焼き」「モダン焼き」「広島風お好み焼き」の違い

ガムとチョコレートを一緒に食べると溶ける

何が違う?の記事一覧HOME