大陸と島の違いは「大陸かそれ以外か」

*

世界には大きな陸地である「大陸」があり、そして残りの陸地は「島」と呼ばれます。 こう言われると「大陸と島は何が違うんだ?」と疑問に思いますよね。大きさ?地形?

実は大陸と島の違いに明確な定義はありません。 とりあえず大陸と決めたものは「大陸」、それ以外は「島」と呼ばれています。

大陸と島

*

周囲を水に囲まれた陸地を「大陸」もしくは「島」と言います。 大陸の数え方はいくつかありますが、六大陸方式では以下の六つが大陸とされています。

大陸名面積(㎢)
ユーラシア大陸74,190,000
アフリカ大陸30,370,000
北アメリカ大陸24,490,000
南アメリカ大陸17,840,000
南極大陸13,720,000
オーストラリア大陸7,619,500

地球上の四方を海に囲まれている陸地のうち、上記に該当するなら「大陸」、それ以外は「島」です。 単純明快ですね。

「日本は島国」と言われていますが、これは文字通り日本の陸地が大陸に属していない=全て島であることを意味しています。 日本最大の島は本州で、総数6800余もの島々を保有しています。

なお大陸は完全に四方を水に囲まれている訳ではありません。 南北アメリカ大陸は陸続きですし、アフリカ大陸とユーラシア大陸も陸続きです。

この問題を解消した四大陸方式も存在します。 その場合は南北アメリカ大陸を「アメリカ大陸」、アフリカ大陸とユーラシア大陸を「アフロ・ユーラシア大陸」と切り分けます。 しかしあまり馴染みがない数え方なので、細かいことは考えずに六大陸方式で覚えておけば良いでしょう。

大陸は大きい陸=広大な島を指す言葉と考えられますが、何㎢以上なら大陸とかそんな定義はありません。 なのでなぜ六大陸のみが大陸と数えられるようになったのかは定かではありません。

ちなみに世界最小の大陸であるオーストラリア大陸は762万㎢、世界最大の島であるグリーンランドは216万㎢です。 この間に大陸と島との境界線がありそうですね。

グリーンランドはオーストラリア大陸の3割ほどしかありませんが、面積第二位の島であるニューギニア島の3倍、日本の本州の10倍もの大きさを誇ります。 島の中では断トツに大きく「世界最大の島」の名に恥じない広さを誇ります。

そんなグリーンランドが大陸になれない理由をなんとなく考えると、辺鄙な場所にあることと人類史が浅いことが関係しているように思えます。 南極大陸にも同じことが言えますが、あちらは単純に大きいので上手い事食い込めたのではないでしょうか。

島の大きさランキング

*

島の大きさランキング上位10島は以下の通りです。

島名面積(㎢)
グリーンランド2,175,600
ニューギニア島786,000
ボルネオ島743,330
マダガスカル島587,041
バフィン島507,451
スマトラ島473,600
本州227,970
ビクトリア島217,291
グレートブリテン島209,331
エルズミーア島196,235

日本は本州の面積が第7位である他、21位の北海道、36位の九州、49位の四国など大きな島々を保有しています。 島国とは言え、中々大きな島に住んでいることが分かりますね。

他の有名な島国と言えばイギリスがあります。 イギリスを構成する四国のうちイングランド、ウェールズ、スコットランドが第9位のグレートブリテン島に、残る北アイルランドはアイルランド島にあります。

日本とイギリスは大陸近くに位置する島国という共通点を持ちますが、しかしイギリスは大陸との交流がとても盛んで日本ほどの島国感はありません。 この差が何に起因するのか調べてみると色々面白いかもしれませんね。

\share/

よく読まれている記事