ナポレオン・ボナパルトの名言

napoleon-bonaparte

ナポレオン・ボナパルトフランスの軍人・政治家で、フランス第一帝政の皇帝でもありました。帝国は10年で崩壊しナポレオンも失脚して失意のまま死にますが、その鮮烈な生き様はナポレオン伝説として語り継がれています。

ナポレオン・ボナパルト

子どもの将来は、その母の努力によって定まる

親は子どもを良くも悪くもします

ナポレオン・ボナパルト

時間をかけて熟慮すると良い。しかし行動すべき時が来たら、考えるのを止めて進みなさい

考えるべき時に考えないのは問題ですが、行動すべき時にまだ考えているのも問題です

ナポレオン・ボナパルト

戦術とは、一点に全ての力を振るうことである

どこに注力してどこに注力しないかを決めるのが戦術で、何でもかんでもやろうとするのは何もしないのと同じです。

ナポレオン・ボナパルト

翌日の戦闘に備えて部隊を出し惜しみする将軍は、ほとんど常に敗れる

目の前のことに全力で当たりましょう。

ナポレオン・ボナパルト

どんな優れた能力も、活かす機会が与えられなければ価値がない

自分の優れた能力を発揮するには、まず能力を発揮できる環境を探す必要があります

ナポレオン・ボナパルト

自然でないものは不完全である

我々は不完全な存在であるが故に、完全に近づく努力をする必要があります

ナポレオン・ボナパルト

ジョゼフィーヌ、今夜はダメだ

居眠りしていたナポレオンを失礼ないように起こすため、大好きな強い臭いのチーズを嗅がせることになりました。 するとナポレオンは寝言で「ジョゼフィーヌ、今夜はダメだ」言ったそうです。

ナポレオン・ボナパルト

死ぬことより苦しむことの方が勇気がいる

苦しい生を選ぶのは勇気ある行動です

ナポレオン・ボナパルト

最も大きな危険は、勝利の瞬間にある

勝利の瞬間は最も気が緩む瞬間でもあります

ナポレオン・ボナパルト

百日天下

ナポレオンはロシア遠征失敗により失脚し流刑に処されましたが、脱出すると手勢を率いてパリへ進軍し再び皇帝になります。 しかし連合軍との戦いに敗れて再び流刑に処され、わずか百日の天下に終わりました。 転じて短い天下のことを言います。

ナポレオン・ボナパルト

過ぎたことで心を煩わせるな

失敗を反省する必要はあっても、後悔する必要はありません

ナポレオン・ボナパルト

余の辞書に不可能という文字はない

不可能な事はありますが、不可能だと思い込んでいるだけの事も少なくありません

HOME

\share/