ナポレオン・ボナパルトの名言

napoleon-bonaparte

ナポレオン・ボナパルトフランスの軍人・政治家で、フランス第一帝政の皇帝でもありました。帝国は10年で崩壊しナポレオンも失脚して失意のまま死にますが、その鮮烈な生き様はナポレオン伝説として語り継がれています。

ナポレオン・ボナパルト

状況?何が状況だ。俺が状況を作るのだ。

自分で状況を作れる人はロードマップをあらかじめ描いた上で行動できるから強いです。

ナポレオン・ボナパルト

最も大きな危険は、勝利の瞬間にある

勝利の瞬間は最も気が緩む瞬間でもあります

ナポレオン・ボナパルト

会議のやり過ぎで起きることはいつの時代も同じだ。最終的には最悪の策が採られるということである

誰もが納得できる案とは、誰も納得できない案でもあります

ナポレオン・ボナパルト

重大な状況において、ほんのちょっとしたことが、最も大きな出来事を常に決定する。

些事を疎かにすると失敗します

ナポレオン・ボナパルト

勝利は、わが迅速果敢な行動にあり

状況によって拙速と巧遅のいずれかが求められ、拙くても迅速に行動した方が良い場面も少なくありません

ナポレオン・ボナパルト

死ぬことより苦しむことの方が勇気がいる

苦しい生を選ぶのは勇気ある行動です

ナポレオン・ボナパルト

生きている兵士の方が死んだ皇帝よりも価値がある

生きているだけで価値があるのです

ナポレオン・ボナパルト

時間をかけて熟慮すると良い。しかし行動すべき時が来たら、考えるのを止めて進みなさい

考えるべき時に考えないのは問題ですが、行動すべき時にまだ考えているのも問題です

ナポレオン・ボナパルト

過ぎたことで心を煩わせるな

失敗を反省する必要はあっても、後悔する必要はありません

ナポレオン・ボナパルト

人生という試合で最も重要なのは、休憩時間の得点である

みんなが休んでいる間にやったことが、みんなとの差になります

ナポレオン・ボナパルト

人間を動かすただ二つの手段は、利益と恐怖である

無償のボランティアですら、目に見えない利益や恐怖を勘定して動いています

ナポレオン・ボナパルト

戦術とは、一点に全ての力を振るうことである

どこに注力してどこに注力しないかを決めるのが戦術で、何でもかんでもやろうとするのは何もしないのと同じです。

HOME

\share/