ウィリアム・シェイクスピアの名言

ウィリアム・シェイクスピアはイングランドの劇作家です。

「ロミオとジュリエット」「ヴェニスの商人」「ハムレット」など今なお語り継がれる多くの劇を手掛け、現代においても絶大な知名度を誇っています。

名言一覧

ウィリアム・シェイクスピア

何でも起きるがよい。どんな荒れた日でも時は過ぎてゆく

良い日も悪い日も平等に過ぎていくものです

ウィリアム・シェイクスピア

懸命にゆっくりと。速く走れば転ぶ

急ぐべき時は急ぐべきですが、急ぐべきでない時に急ぐべきではありません

ウィリアム・シェイクスピア

姫よ、我が想いを実を結ぶ木々の梢の先を白銀色に彩どるあの月に誓って…

この後ロミオは「あんな簡単に形が変わるものに誓うな」とジュリエットに咎められます

ウィリアム・シェイクスピア

生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ

ハムレットは安穏とした生ではなく、狂気の復讐を選びました

ウィリアム・シェイクスピア

おおロミオ、どうしてあなたはロミオなの?

どうしてでしょうか

ウィリアム・シェイクスピア

女は弱し。されど母は強し

母はいつだって強いのです

ウィリアム・シェイクスピア

金を貸せば金と友人を失う

友人にお金を貸しても何も良い事はありません

ウィリアム・シェイクスピア

恋は盲目

いつだって恋は人を盲目にします

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

HOME