ハンムラビ法典の名言

ハンムラビ法典は紀元前18世紀ごろに古代バビロニアの王・ハンムラビが発布した法典です。

流石に現代の法律と比べると粗が見えますが、こんな大昔にもそれなりのルールがあったことには驚かされます。

名言一覧

ハンムラビ法典

質の悪いビールを客に高く売りつけてはならない

安酒を高く売るお店には入らない方が良いでしょう

ハンムラビ法典

ビールを水で薄めた者は溺死刑に処す。ビールの販売価格をごまかした者は溺死刑に処す。

ハンムラビ法典はビールに関する記述のある世界最古の法律として知られています。それにしても厳しすぎないですかね…

ハンムラビ法典

奴隷が自由人の頬を殴った場合は耳を切り取るものとする

「目には目を」で有名なハンムラビ法典ですが、同等の罰が与えられるのは対等の身分である場合に限られ、身分に差があれば下の身分に理不尽を強いる内容となっています。

ハンムラビ法典

目には目を、歯には歯を

そのままやり返すことを野蛮と見る風潮もありますが、状況によってはやり返すことも必要です

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

HOME