テキスト出力のサンプル

テキストを出力するechoを使って、簡単なPHPのサンプルを書いてみます。

下記はHTML文書内に「Hello world!!」を3回出力するものです。 一つはHTMLで、残りはPHPの構造言語であるechoで出力します。echoはクォーテーション内の文字をそのまま出力するものです。


  <title>echo sample</title>

  
<p>Hello world!!</p>
<?PHP echo "<p>Hello world!!</p>"; ?>
<?PHP 
  echo "<p>";
  echo "Hello world!!";
  echo "</p>";
?>
  

この処理結果は、どれも同じように「Hello world!!」を出力します。

出力結果

ello world!!
Hello world!!
Hello world!!

HTMLソース全ての記述をPHPで出力することも可能です。 ちょっと込み入った処理になると、一行に何度もスクリプト宣言を行う事もあります。

lt;?PHP 
  echo "n";
  echo "n";
  echo "<title>test</title>n";
  echo "n";
  echo "n";
  echo "<p>Hello world!!</p>n";
  echo "n";
  echo "n";
?>


<title>test</title>


<p>hellow world!!</p>


出力結果

ello world!!

HTML部はスクリプト宣言外で記述するのが一般的とですが、好みの問題でもあるので自分が書きやすいように工夫してコーディングしましょう。

B!

変数の宣言と命名規約

改行・空白・タブ

PHPの記事

演算と演算子

定数の宣言と命名規約

XAMPPでローカルにPHP開発環境を設定する

PHPのヒアドキュメント

変数の宣言と命名規約

PHPとは

PHPの記事一覧HOME