清水の舞台から飛び降りた人は割と沢山いる

kiyomizu

京都の清水寺の舞台は高い崖に面していて、上から見下ろすと思わず膝が笑ってしまいます。 下までは高さ12mと、大体一般的なマンションの4階天井の高さです。 思い切って物事を行うことを例えた「清水の舞台から飛び降りる」ということわざもあるぐらいです。

実はこの清水の舞台、実際に飛び降りた人がいたのです!それも沢山!

なんで清水の舞台から飛び降りてんの!?

清水の舞台から飛び降りると願いが叶う、死んだら成仏できるなどと噂が流れ、飛び降りる人が後を絶ちませんでした。 飛び降りた人はいったい何を願ったんでしょうか?長寿を祈って飛び降りて死んでも洒落にならないとは思いますが…

記録されているだけでも1694~1864年の150年の間に234件の飛び降りがあります。 記録されていない人も沢山飛んでいるでしょうから、そんなに頻繁ではないにしろ、お寺の人からしたらそれなりに遭遇してしまう頻度です。

マンション4階の屋上並みの高さから飛び降りるとなると生存は絶望的のように思えますが、しかし意外にも生存率は高いようです。記録にあった飛び降り234人のうち、200人は少なくとも飛び降りた時点では生存していたようです。 しかし34人はゴニョゴニョですし、成功した人も当時の医療水準を考えると後の生をまともにまっとうできたとは考えにくいです。

ただ当時の信仰や思想から考えるとそこまでずれた考えではなかったのかもしれませんね。科学主義とも言える現代ですら願掛けの風習は残ってる訳ですし、一概に否定することはできませんかね。

清水の舞台からの飛び降りは明治5年に政府が飛び降り禁止令を出し、簡単に飛び降りれないように柵を張ってやっと落ち着いたみたいです。 皆さんも清水から飛び降りるつもりで何かやっても、実際に飛び降りようとはしないでください。

ナイアガラの滝を下る

kiyomizu

ちなみにアメリカには「清水の舞台から飛び降りる」と同じ意味のことわざとして「ナイアガラの滝を下る」があります。 清水の舞台の4倍以上の高さ51mに加えて、世界一の大瀑布を誇る水量があります。流石アメリカ!ひとサイズ違うぜ!

絶対に助からないしそもそもナイアガラの滝を下る人がいねーよ!と思いきや、わざわざ下る人も多いみたいです。 もちろんそのまま飛び降りるのではなく、樽に入ったり、ボートで下ったり、ジェットスキーからパラシュートで下りたりと方法はまちまちです。 中にはそのまま飛び込んで生還した人もいるみたいですが、何がどうなって生還できたのかは分かりません。

ただしナイアガラ下りで重傷を負った人も少なくありませんし、中には死んだ人もいます。 みなさんもナイアガラの滝を下る気持ちで物事に取り組んでも、実際にナイアガラの滝を下ろうとはしないようにしましょう。わざわざしませんか。

\share/

よく読まれている記事