近親交配(近親婚)が危険な理由は劣性遺伝子の発現

marriage

人や動物は身内同士の交配である近親交配を本能や習性により避ける傾向にあります。 近親交配から生まれた子は劣性遺伝子が発現する割合が増え、基本的に好ましくないことだからです。

遺伝子の仕組みはどうなっているのか、なぜ劣性遺伝子が発現するのが好ましくないのかを見てみましょう。

優性遺伝子と劣性遺伝子

gene

全ての生物は「遺伝子」を持っています。 草、木、花、昆虫、魚、動物、ヒト問わず、生物であれば例外なく所持しています。

この遺伝子情報に従って体が作成されます。 遺伝子は「体の設計図」とも呼ばれ、全ての生物はこの遺伝子に書いてある通りに構成されている訳です。

細胞ひとつひとつの中に細胞核があり、細胞核の中に長いDNAが巻かれた染色体があり、その染色体の中に遺伝子があります。 ヒトであれば60兆個の細胞ひとつひとつの中に2万2千個の遺伝子が入っています。

しかしこの遺伝子、特性が隠れて発現しないことがあります。 例えば黒髪と金髪の夫婦から生まれた子どもの髪の色は黒か金のどちらかになり、金髪と黒髪が半分ずつ発現するなんてことはありません。

そして親の中では隠れた特性が子に引き継がれて表に出てくることもあります。 例えば両親ともに黒髪なのに金髪の子が産まれるなんてこともあり得ます。 この仕組みを作っているのが「優性遺伝子」と「劣性遺伝子」です。

優性遺伝子と劣性遺伝子の仕組み

ヒトは性染色体以外の常染色体は父親と母親それぞれから受け継いだ対の遺伝子を持ちます。 この組み合わせで子の特性が決まるのですが、父親が「黒髪」母親が「金髪」だった場合に子の髪の色がどうなるかを考えてみましょう。

黒髪の遺伝子を「AA」、金髪の遺伝子を「aa」とします。 「AA」と「aa」の夫婦から生まれた子はここから1つずつ遺伝子を受け継ぐので子の遺伝子は「Aa」となります。

「Aa」は黒髪と金髪の両方の遺伝子を持っていますが、黒髪と金髪が混在する訳ではありません。 どちらか一方だけが発現し、この時に発現する方を「優性遺伝子」、発現しない方を「劣性遺伝子」と言います。 髪の毛は黒髪が優性、金髪が劣性なので「Aa」の子は黒髪になります。

「AA」は両方黒髪の遺伝子なので黒髪、「Aa」は金髪の遺伝子も持ち合わせていますが黒髪が優性なので黒髪、「aa」の時にだけ金髪になります。 それを踏まえて黒髪の夫婦の子供が金髪になるケースを考えましょう。

黒髪の両親から金髪の子が産まれることもある

「AA」同士の夫婦の場合、子はどう貰っても「AA」となります。 このケースでは全ての子が「AA」の黒髪となります。

「Aa」と「AA」の夫婦の場合、子は3/4の確率で「AA」、1/4の確率で「Aa」となります。 「AA」はもちろん黒髪、「Aa」の場合も優性遺伝子の黒髪が優先されるので全ての子が黒髪となります。

「Aa」同士の夫婦の場合、子は1/2の確率で「Aa」、1/4の確率で「AA」、1/4の確率で「aa」となります。 髪の色で考えると子は3/4の確率(AA+Aa)で黒髪になりますが、1/4の確率(aa)で金髪となります。 黒髪の両親から金髪の子が産まれましたね。

こんな具合に子が両親と違う髪の色になることもあり得ます。 これが優性遺伝子と劣性遺伝子の基本的な仕組みですが、それを踏まえて近親婚のリスクを見てみましょう。

近親交配のリスク

family

我々の遺伝子には優性遺伝子と劣性遺伝子が混在しています。 優性遺伝子は片方でも優性なら特性が発現する一方で、劣性遺伝子は両方が劣性遺伝子でないと特性は発現しません。

この劣性遺伝子が優れた力や美形など長所であれば是非顕在化して欲しいところですが、そう都合いいものばかりではありません。 障害や先天性の疾患など、我々にとって都合の悪い劣性遺伝子も優性遺伝子に抑えつけられています。

血のつながりが全くない人同士の結婚であった場合、同じ劣性遺伝子を持っている可能性は低く特性は表に出にくいです。 しかし近親婚は夫婦のどちらも同じ劣性遺伝子を持っている可能性が高く、普段あまり表に出てこない特性を持った子が産まれる可能性が高くなります。

また遺伝子は欠損することもあるのですが、片親の遺伝子が欠損していた場合は欠損していない方のコピーを子に渡します。 近親婚の場合は同じ欠損箇所を持っている可能性が高く、こういった修復処理ができないケースが多いのも問題です。

そうして出来た子は良くも悪くも普通から外れる可能性が高いです。 これが美形だったり優秀な能力を持っていたりすれば良いですが、その逆になったり、それどころか疾病や障害で生きていくことすら難しいかもしれません。

近親婚にはこのようなリスクがあるため法律で禁止されている場合が多いです。 どこまで禁止しているかは国によって違いますが、四親等(いとこ関係など)を結婚可能なボーダーラインとしていることが多く、日本も結婚可能なのは四親等からです。

劣勢遺伝子は環境変化への備え

劣勢遺伝子が悪という訳ではありませんが、淘汰の観点から確率で見ると不利な遺伝子の割合が多いと考えられます。 仮に優性遺伝子に不利な遺伝子の割合が多かった場合は生存や繁殖が難しくその血統は淘汰されていきますが、劣性遺伝子に不利な遺伝子の割合が多くても表に出てこない限りは問題にならない訳ですからね。

もう少し言えば優性遺伝子には現環境で有利な因子が多く、劣性遺伝子には環境が変化した時への備えとしている因子が多いって感じでしょうか。 少し掘り下げてみましょう。

一定の環境下ではその環境で有利な優性遺伝子を持つ個体が繁栄しやすいです。 しかし気候の変化、病気の流行、天敵の侵入、食料不足など様々な要因が環境を変え、繁栄に有利な特性もまた変わります。

環境の変化に適応できない優性遺伝子を持っていると、種は淘汰され生息域が狭まっていきます。 すると自然と近親交配が増えていき、従来はあまり表に出てこなかった劣勢遺伝子の特性を持つ個体が増えていきます。

そうして出てきた変わった特徴を持つ個体が変化した環境に上手く適応できれば、再び種が繁栄することも可能な訳ですね。 狙ってやってるのか偶然そうなってるのか分かりませんが、遺伝子って上手くできていますよね。

野性動物も近親交配を避ける

人間以外の動物においても近親交配はあまり好ましいものではありません。 「犬は雑種の方が生命力が強い」なんて話がありますが、これも遺伝子的な問題ですね。

動物は成熟すると親から遠くに追い出されたり群れから離れて独り立ちしたりなど、近親交配を避ける習性を持つものが多いです。 メスは近縁者が匂いで分かり交配を避けるなんて研究結果もありますね。習性や本能で近親交配を避けている訳です。

ペットや家畜の近親交配による品種改良「インブリード」

人間に都合の良い特性を持つ家畜やペットを生み出すため、そういった特性を持つ個体同士を意図的に近親交配させて品種改良することがあります。 これによりたまたま生まれた好ましい特性を持つ個体を一代限りの突然変異として終わらせず、子々孫々にも同様の特性を引き継がせることができる訳です。 これを「インブリード」と言います。

しかしこうして作られた品種は特有の問題を抱えていることも少なくありません。 例えば犬や猫はインブリードによって様々な品種が生み出されましたが、品種によって骨格が弱かったり特定の病気にかかりやすかったりなどのリスクも抱えています。

近親交配にはメリットもあり、その是非は人それぞれ考えがあると思いますが、このようなリスクもあることは理解しておきましょう。

\share/

  • hatebu
  • line

よく読まれている記事

HOME