イルカの祖先は地上で生活していた

dolphin

水族館やイルカウォッチングで大人気のイルカ。 知能が高く人とのコミュニケーションも取れるため、触れ合える動物として大人気です。

しかしこのイルカ、大昔は海ではなく陸で生活していました。 イルカやクジラは進化の過程で海から陸へと上がり、また海へと戻っていった動物なのです。

イルカはウシやカバの仲間

dolphin

イルカは生物分類で「鯨偶蹄目」というグループに属しています。 これは名前の通りクジラも属しているグループで、実はイルカとクジラに明確な違いはありません。 乱暴な理論では体長が4m以上がクジラで未満がイルカだなんて分類もされるぐらいです。

さてこの鯨偶蹄目ですが、なんとカバやウシなどの陸上動物も入っています。 つまりイルカはクジラやカバに近い仲間と考えられている訳です。

イルカとクジラはともかく、カバやウシは陸上生物だからイルカの仲間じゃないように思いますよね。 でもよくよく考えてみてください。水中生活しているイルカが肺呼吸しているのはおかしいと思いませんか?

生物は海で生まれ、海中で呼吸をしていました。 そのうち一部が陸上で生活するために空気中で呼吸できるように進化して肺呼吸になった訳です。 つまり肺呼吸は陸上動物特有のものであり、水中で生活する分には不要なものです。

水中で生活しているイルカやクジラが肺呼吸なのは、進化の過程で陸上に上がって、更に後で海へと戻っていったからです。

イルカは哺乳類で肺呼吸している

dolphin

イルカは哺乳類で肺呼吸をしています。 魚のように海中で呼吸はできず、呼吸する際には海上まで上がってこなくてはなりません。 でもよくよく考えてみれば、海で生きていくなら肺呼吸である必要はないですよね。

イルカが肺呼吸する水中動物である理由はイルカの祖先と言われている「パキケトゥス」にあります。 こいつは5000万年前に地上にいた面長のオオカミのような動物で足が4本あり、ちょうどワニのような生活をしていた動物です。 パキケトゥスは水辺で生活し水に身を潜めて狩りをしていました。

こいつが水辺で生活するうちに、より水中で生活するのに適した進化を遂げて海へ逆戻りしたのがイルカの祖先です。 パキケトゥスが水中で活動する割合が徐々に増え、やがて完全に水中生活するようになり、それから2~3000万年前ほどでイルカへと進化しました。

イルカの体にはかつて陸で生活していた痕跡が見て取れます。 後ろ足が退化した骨が体内に見られますし、2006年には手の名残である腹ビレが残っているイルカも発見されました。 肺呼吸であることもかつて陸上で生活していた証拠です。

カバの祖先ははっきり分かっていませんが、クジラと共通の祖先を持っていると考えられています。 カバはウシよりもクジラの方が近いと言われるぐらい種として近いのです。

人間とイルカの祖先は互いに陸上で会っていた可能性もあります。 うっかり水辺に入り込んだサルがパキケトゥスに襲われて食べられたなんてことがあったかもしれません。 現代の人間とイルカを考えると、とても信じられないような光景ですね。

水中生活している哺乳類は強い

水中生活している哺乳類はクジラ、シャチ、イルカ、アザラシ、アシカ、ラッコ、ジュゴン、マナティーなど色々います。 そしてこれらの動物は海洋生物の食物連鎖の中で上位に位置しており、特にシャチは海の覇者として食物連鎖の頂点に君臨しています。

一旦は陸上に適応して肺呼吸になったのに、海に戻って覇権を取ったのはなんとも不思議ですよね。 これは骨の強さに起因しています。

陸上生活では重力の影響をモロに受けるので、体をしっかりと支える丈夫な骨が必要になります。 対して水中生活では浮力によって浮き上がれるので、それほど丈夫な骨は必要ありません。

陸上生活に適応して再び海に戻っていった哺乳類たちは、海中生物とは比較にならない丈夫な骨を手に入れていました。 やがて海中生活に適応すると丈夫な骨に支えられた強靭な体を手に入れ、海において繁栄できたのです。

海の強い生物と言えばサメが思い浮かびますが、実はサメはシャチやイルカに比べると全然弱いです。 まともに体当たりでぶつかるとサメは骨折して重傷を負ってしまいます。

そんな事情で海に出戻った哺乳類は繁栄できたのです。 ちなみに海の最強生物はシャチで、サメやクジラをエサにして生活しています。 イマイチ影が薄いのは生息域が南緯40度以南で、多くの人間の生活圏から外れているためでしょうね。

\share/

よく読まれている記事