ジャン・パウルの名言

ジャン・パウルはドイツの小説家です。

作品は知識とユーモアに溢れる一方で煩雑としており、独特の表現手法は後の小説家たちに大きな影響を与えました。

名言一覧

ジャン・パウル

特別な状況を待って事を成そうとするな。普通の状況で試みよ。

「いつになったらやる」なんて決心は、やらない言い訳でしかありません

ジャン・パウル

自分の性格をよく知るには、他人の性格を語るのが良い

自分を測る指標となるのは他人です

ジャン・パウル

快活で愉快な気持ちを保てるのは、活動だけである

愉快に過ごすために活動しましょう

ジャン・パウル

経験は良い薬だが、病気が治った後にしか手に入らない

今の経験があの時にあれば…と思うことがよくあります

ジャン・パウル

我々が追い出されずにすむ唯一の楽園は思い出である

辛い時に逃げ込む場所にもなり得るので、なるべく良い思い出を沢山作りましょう

ジャン・パウル

貧困と希望は母と娘だ。娘と付き合っていると母のことは忘れる。

生きていく上で重要なのはお金のよりも希望の方なのかもしれません

ジャン・パウル

常に謙虚であれば、褒められた時にも、けなされた時にも間違わない

謙虚さがなければ簡単に間違った道に迷い込みます

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

HOME