福沢諭吉の名言

fukuzawa-yukichi

福沢諭吉は日本の教育者で思想家です。
封建社会だった日本が近代化するために学問の重要性を説き、慶応義塾の創立しや「学問のすすめ」の発刊などを通して啓蒙活動を行いました。

福沢諭吉

他人の迷惑にならない欲望はすべて善である

他人に迷惑をかけない範囲であるなら、欲深いことはむしろ好ましい資質です

福沢諭吉

自分の力を発揮できるところに運命は開ける

自分が得意なことや力を発揮できることで身を立てましょう

福沢諭吉

やってもみないで事の成否を疑うな

やりもせずに事の成否を疑うのは、ただのやらない言い訳であることが少なくありません

福沢諭吉

理想が高尚でなければ活動もまた高尚にはならない

理想が高ければ自然と活動もそれに伴うものです

福沢諭吉

門閥制度は親の敵でござる

福沢諭吉の父が能力はあるのに封建社会故に評価されず、不遇の死を遂げたが故の発言でしょうね。

福沢諭吉

自分の考えだけで、他人を評価してはならない

人は他人を一方的に評価できるほどに全知全能ではありません

福沢諭吉

金銭は独立の基本なり。これを卑しむべからず

お金を稼ぐことは人生で最も重要なことのひとつであり、これを卑しんでいては生きていけません

福沢諭吉

法は「簡にして厳」であるべきである

ややこしい法律は守るのが大変で抜け穴も多くなります

福沢諭吉

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず

諭吉はこれを「世間ではこう言われている」と記しただけで、自身は必ずしもそうは思っていません

福沢諭吉

あまり人生を重く見ず捨て身になって何事も一心になすべし

保守的になりすぎると澱んでしまうので、時には捨て身になるぐらいでちょうどいいのかもしれません

HOME

\share/