バーナード・ショーの名言

bernard-shaw

バーナード・ショーはアイルランドの作家・教育家です。
社会問題や人間関係を風刺的に描く作風で多数の作品を発表し、その功績からノーベル文学賞を受賞しています。

バーナード・ショー

10回に9回失敗することに気が付いた。だから10倍働いた

数撃ちゃ当たる理論はみっともないようにも見えますが、最も有効的な戦略でもあります

バーナード・ショー

人生とは自分を見つけることでなく、自分を創ることである

自分を探している時にすべきことは、自分探しの旅に出ることではなく自分を作ることです

バーナード・ショー

馬鹿でない限りは、誠実でいることは危険である

誠実は美徳であると持て囃しているのは、誠実ではない人です

バーナード・ショー

誤った知識は無知よりも危険である

誤った知識や半端な知識は、時に無知よりも酷い結果をもたらすことがあります

バーナード・ショー

何かがおかしい時は、注意して隠れた真実を探せ

行動は言葉よりも雄弁です

バーナード・ショー

金がないことがすべての元凶である。

うーん、否定できない…

バーナード・ショー

自由は責任を意味する。人が自由を恐れるのはそのためである。

自分で考えるよりも人に命令されたいと考える人は少なからず存在します

バーナード・ショー

人類から愛国心が無くなるまで、世界は平和にならない

大抵の人が持つ愛国心は、暴走して不和の種になっています

バーナード・ショー

希望を持たない人は、失望することもない

失敗続きになった時に落胆しないための心の防衛機能とも言える心理ですが、しかし希望を持たずに生きるのはとても難しいです

バーナード・ショー

間違いだらけの人生は不名誉だが、何もしなかった人生よりは役に立つ

成功するに越したことはありませんが、失敗を恐れてチャレンジをしない人生だったなんてことにならないように生きましょう

バーナード・ショー

人に何かを教えようとしたら、人は何も学ばない

知りたいと思っていない人に何かを教えるのは双方の時間の無駄になります

バーナード・ショー

神に祈る人はほとんどいない。ただ物乞いをしているだけだ。

自分の祈りの正体が一体なんであるのか、祈る前に考えてみると良いでしょう

HOME

\share/