アルベルト・アインシュタインの名言

albert-einstein

アルベルト・アインシュタインはドイツ出身の物理学者です。
特殊相対性理論の提唱者として有名であり、その業績は20世紀物理学の二大発明のひとつと言われています。

アルベルト・アインシュタイン

私は未来のことなど考えません。すぐに来てしまうのですから

未来で考えるべきことを、今考える必要はないのかもしれません

アルベルト・アインシュタイン

最初から奇抜に見えないアイデアに見込みはありません

科学の世界はそんな感じなのでしょうか

アルベルト・アインシュタイン

複利はこの世でもっとも強い力である

利子や利息はこの世で最も大きな力なので、上手く付き合いましょう

アルベルト・アインシュタイン

可愛い女の子との一時間は一分のように感じ、熱いストーブの上の一分は一時間に感じる。

相対性理論の提唱者による、相対性の分かりやすい説明です

アルベルト・アインシュタイン

人に正しく賢明な助言はできるが、自分が正しく賢明に振る舞うのは難しい

他人には恰好良いことを言えても、自分のことになるとついつい甘えが出てしまいます

アルベルト・アインシュタイン

人間に絶望してはいけません。私たちは人間なのだから

あまり多くは望まずに、しかし望みを諦めないのが絶望しないコツです

アルベルト・アインシュタイン

自分自身の目で見て、自分自身の心で感じる人は、とても少ない

自分を持って生きるのはとても大切なことです

アルベルト・アインシュタイン

愛は義務より良い教師である

義務によってこなすよりも、愛をもって行う方が上手くいくし楽しくやれます

アルベルト・アインシュタイン

科学は素晴らしい。仕事でなければの話だが。

どんなに素晴らしいことでも、仕事にしてしまうとそうではなくなります。

アルベルト・アインシュタイン

常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことだ

偏見を常識と思い込んでいる人が少なくありません

アルベルト・アインシュタイン

何かを学ぶのに体験すること以上の良い方法はない

体験を通して学んだことはよく身に付きます

アルベルト・アインシュタイン

物事は可能な限りシンプルにすべきだが、シンプル過ぎてはいけない

ほどほどにシンプルに捉えましょう

HOME

\share/