発達障害「ADHD」「ASD」「LD」の基礎知識

発達障害とは、脳機能の発達が普通の水準から外れたことにより、好き嫌いや得意不得意の差が激しいことを言います。 知能の水準自体は問題ないのに、どこかしら普通ではないところがあって、通常の社会生活を営むのが難しいという症状です。

発達障害は大よそ「ADHD(注意欠如、多動性)」「ASD(自閉症、アスペルガー)」「LD(学習障害)」の三つに分けられます。 これらが何を意味するか、発達障害にどう対処すれば良いかの基本を抑えておきましょう。

発達障害の症状

大前提として、発達障害は一様に同じ症状が出る訳ではありません。 以下に挙げるような症状が出る傾向があるというだけで、何がどれだけ出るかは個人差が激しいです。

またADHD、ASD、LDと分類されていますが、大抵の発達障碍者はこれらを併発しています。 何がどのようにどれだけ出るかは個人差が激しいため、発達障害者と一括りにされてはいますがその実態はほとんど別物です。

ADHD(注意欠如、多動性)

ADHDは「不注意」「多動性」「衝動性」の三つから成る症状です。 具体的には以下のような症例が出ます。

ASD(自閉症スペクトラム)

ASDは自分の世界に閉じこもりがちで、他人とのコミュニケーションが苦手なのが特徴です。 また興味のある分野が限定されて激しい好き嫌いを持つ症状もあります。 具体的には以下のような症例が出ます。

LD(学習障害)

LDは本人の知能レベル自体には問題がないのに、「読む」「書く」「聞く」「話す」「計算」「想像」の一部の能力だけが著しく低い症例です。 認知度は低いですが、人口の10%前後がLDと考えられています。

他の能力は問題ないので周囲からは怠けているだけのように見えますが、本人がどれだけ頑張っても人並みにこなすのはまず無理です。 症状によっては他の能力でカバーできる場合もあるので高学歴のLDも珍しくなく、知能レベルに問題ないとLDの自覚がないままに成人する人も多いです。

あなたや身内が発達障害じゃないかと思った場合

まずはお医者さんへ相談を

発達障害の疑いがある場合、早期に神経科か精神科を受診しましょう。 発達障碍者がそのまま普通の生活を送るのは非常に難しく、躊躇っている間に致命的な問題に発展する可能性もあります。 取り越し苦労ならそれに越したことはないですしね。

発達障碍者に必要なのは、自分の症状から目を背けて普通のフリをすることではありません。 自分の症状を見据えた上で、生きられる道・生きやすい道を模索することです。

自分の性質が分かれば対策も立てやすくなりますし、薬によって緩和される症状もあります。 どんな病気にも言えることですが、まずは医療機関を受診しましょう。

ベストな手法を模索する

発達障碍者は普通と言われていることが普通にできない一方で、普通はできないことが普通にできてしまいます。 これは世間一般に出回っている「普通のノウハウ」を活かしにくい性質をしていると言えます。

発達障碍者が普通のノウハウに自分を適合させようとした結果、著しくパフォーマンスを落としてしまうことも珍しくありません。 例えば「朝起きて夜寝る」は普通の人にとって物事を上手く進めるための当たり前のノウハウですが、これを忠実に守るだけでまともに生活できなくなる発達障碍者も珍しくないのです。

また発達障碍者の症状は個人差があるため、一括りにして共通のノウハウで対処するのも難しいです。 共通で言えることは「発達障碍者にベストな方法は、自身で模索する必要がある」ということだけです。

やっていける道を探す

発達障害者が採るべき選択は、普通の人と同じように生きられるように自分を矯正することではありません。 もちろん状況に応じて矯正する必要は大いにありますが、それが難しいからこその発達障害なんですからね。

発達障碍者は環境に合わせて自分を変えようとするよりも、自分がなるべく変わらずに済むような環境を探した方が上手くいくようです。 自分をいくら努力しても変えられないなら、自分以外を変えた方が簡単という訳ですね。

強味を活かせる場があれば、あるいは人並み以上の力を発揮できることもあるでしょう。 大成功を納めた人物の中には、少なくない割合の発達障碍者がいると言われています。

まず自分の性質を認識し、それでやっていける道を模索するのが良いでしょう。

B!

逮捕と有罪はイコールではない!逮捕と書類送検の違い

副業はデメリットを踏まえた上で賢こく選ぼう

その他の記事

人間は平気だけど他の動物やペットには毒になるものまとめ

逮捕と有罪はイコールではない!逮捕と書類送検の違い

副業はデメリットを踏まえた上で賢こく選ぼう

LGBTとは – 意外にややこしい同性愛とトランスジェンダーの基礎知識

賃貸はあえて変な物件を紹介する!不動産屋のテクニック

「常識破り」になっても「非常識」にならない

その他の記事一覧HOME