残業月100時間ってどんな状態?

overwork

ワークライフバランスの改善が求められる昨今、残業時間が問題にされることがあります。 残業時間が多すぎて問題となる一つの目安に「残業100時間」があります。多分2桁から3桁に上がってインパクトがあるからよく言われているんでしょうね。

IT業界では残業が100時間になると「今月はちょっと頑張ったな」ぐらいで済まさたりしますが、全ての仕事でこうだとは思いません。 ニュースで残業時間問題が取り上げられた時に「100時間ぐらいで根を上げるなんて~」なんて言う人もいますが、仕事内容によっても疲れ方やストレスが全然違います。

残業時間について少し掘り下げてみましょう。

残業100時間はどんな状態?

health or private

まず残業が100時間になるにはどういう働き方をすればいいか考えましょう。 仮に9時始業~18時終業で週休2日の4週間で考えた場合、1週間に25時間の時間外勤務が必要になります。

もし平日の5日間だけで済ませるならは5時間の残業=23時まで働けば 5時間 × 5日 × 4週 = 100時間になります。 また土曜に出社して10時間働くのであれば、平日は毎日21時に帰ることができます。 あれ100時間残業って意外に大したことない・・・?って思いますよね。

楽な作業で自分でスケジュールを切れる状況という前提であれば100時間残業は大したことはありません。 激しく体を使うような仕事だと無理でしょうが、デスクワークでモチベーションを保てるのであればプライベートを諦めればノーダメージだったりします。

中学生でも7時に学校行って19時まで部活して22時まで塾、土日も部活で潰れるなんて子もいますよね。 拘束時間はそれよりも全然少ないです。

しかし100時間労働には数字からは見えにくい恐ろしさがあるのです。 残業時間の多寡=疲れやストレスとは言いませんが、まあ一つの目安としてお話しさせていただきます。

均等な勤務時間になることはほぼない

前述の中学生はある意味規則正しい生活をしていましたが、100時間の残業はそう計算通りにはいきません。 プロジェクトが拗れている時は「全体としては尻に火が付いているのに前のタスクが終わらずに業務に取り掛かれない」ケースがあります。

例えばプログラムのコーディングが終わっていないのにテストなんてできませんよね。 そうなるとテスト担当者は大火事になっているのを横目に見つつも定時に帰るしかないのです。

同じ100時間残業でも、均等に28日で均すのと14日にかかってくるのでは全く違います。 14日で100時間働くとすれば、毎日24時まで働いて土日も10時間は出なければなりません。 これはかなり削れるスケジュールです。

一口に100時間残業と言っても、慢性的に残業しているのと局所的な残業が入るのでは性質が違うのです。

その残業時間、本当に100時間?

あまり酷い残業をしていると会社は沢山の給料を払わなければならないし、全国労働基準監督署から怒られる恐れもあります。 また予算の都合もありますし、マネジメントの観点からも好ましいことではなくマネージャーの評価に響きます。

だからという訳かは知りませんが、「45/80/100時間以上の残業は一律カット」などということがまかり通っています。 酷いところになるとそもそも残業時間を付けてもらえない所もあります。 だから勤怠上は100時間となっていても、実際にどうなっているのかは外からは見えないのです。

よくニュースで「毎月100時間もの残業で過労死」などと報じられますが、実際はもっと酷いのに裏が取れないだけの可能性は十分あるように思います。少し毛色は違いますが、営業の接待なども勤務には含まれませんがほとんど仕事みたいなものですよね。

慢性化な残業は流石に具合が悪い

1か月だけの100時間残業は深刻な問題にならなくても、これが慢性的になると話は変わってきます。 プライベートが疎かになって精神的に貧しくなってきますし、私用・風邪や怪我などで少し穴を開けただけでフォローが大変になります。

残業が慢性化している場合、チームや部署など職場全体で残業超過になっていることが多いです。 こうなると頑張って仕事を早く終わらせても他の作業が降ってくるだけです。 また「金曜の23時から全体会議」など定時で帰らせる気がない固定イベントが平気でスケジューリングされます。

どうせ残業だからと仕事にメリハリがなくなり、友人の誘いを断り続けてモチベーションが下がり、作業効率は落ちてそれが更なる残業を呼びます。 これは雇用者側から見ても問題ある状況と言えます。

仕事内容によっては死が見える

私は最高で月180時間ほどの残業をしたことがありますが、この時はプライベートな時間こそ取れませんでしたが辛くはありませんでした。 理解のある上司やチームメンバーと一緒に充実した仕事をできたからです。

逆に60時間程度の残業でも苦痛に満ちた状態だったこともあります。 何枚もの板挟みに合い決定事項だったはずの仕様がコロコロ変わり「ここは賽の河原かな?」なんて思うほどちゃぶ台返しが横行し、プロジェクトは遅々として進まず、どうせひっくり返るからとモチベーションは低く、「仕事の進捗が悪い」と評価も最悪でした。 また各所からプレッシャーをかけ続けられ、上司は常に不機嫌でチームの雰囲気も険悪なものでした。 もしこの仕事で残業が100時間や200時間となった場合、ストレスで倒れていたかもしれません。

疲れやストレスは単純な残業時間の多寡だけではなく、仕事内容・環境・心理状態などによって大きく左右されるのです。 そして辛い仕事で残業時間が膨大なものとなった時こそが本当の地獄なのです。

ちなみに…

私のMAX残業時間は180時間ですが、同期に聞いた中での最高は230時間でした。 どうやったら230時間になるか、ちょっと計算してみましょうか。

30で割って1日に約8時間の残業が必要になる計算なので、均等に割れば月~土は24時まで残業して日は22時までって感じですかね。 風邪をひいただけでプロジェクトが即破綻するでしょうね。

こうなると「むしろ休んだ方が効率が上がるのでは?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、IT業界には外せないイベントが色々あるのです。 顧客やチームへの説明、テスト・初回稼働時の監視、急な仕様変更、作業の承認など「どうしてもそいつがいないと回らない」という性質のものが多々あります。

少量であれば自宅からの電話対応でも何とかなりますが、大量にあるどうにもなりませんし往々にして大量にあります。 そうなると「この時間は職場にいなければならない」イベントが断続的に発生し、やがてはくぎ付けにされてしまう訳です。

自分一人で作業できるならきっちり休んで効率よく作業すべきなのですが、周囲との兼ね合いに振り回されてどうにもならない事も多いのです。

そもそも沢山残業をさせられる理由

tired

なんで日本(一部の業界限定?)がこんなに残業まみれなのかと言えば、2人でやるよりも1人でやった方が効率がいいからです。 もちろん限度はありますし、複数人でしかできないこともありますけどね。

複数人で仕事を分担する場合、認識のすり合わせや引継ぎなどが必要になります。 小まめに確認しないとお互い全く別の方を向いていたり、資料に残さないと聞いた聞いていないだので揉めたりします。 これは重要かつ労力のいる作業です。

しかし一人で全てやってしまうのであれば認識合わせの資料も打ち合わせも必要なく、脳内でササっと考えてメモ書きにでも整理しておしまいです。 (これはこれで問題を孕んでいますが、ここでは触れません。)
3人でのべ300時間かかる作業が1人なら200時間で済ませられるとしたら、多少残業させてでも一人にやらせたいですよね。 この差は人件費の差になり、ひいては受注コスト差にもなります。同じ提案なら安い方が採用されるのは当然ですからね。

また育成コスト、交通費や仕事道具などの経費、厚生年金や保険なども大抵は人数が多いほど比例してかかります。 会社としては多くの社員を抱えて全員定時で帰らせるよりも、可能な限り残業させて少数で回す方が良いのです。

それに昨今はグローバル化による海外とのコスト争いもあります。 ただでさえ日本は人件費が高いので、無茶な働き方をしないと競争できない側面もあるのです。 引き締めを強くして全員が定時に帰れるようになった結果、競争力が失われて不景気に見舞われるのでは本末転倒です。

昨今はワークライフバランスの改善が訴えられ、様々な試みがされています。 しかし今まで見てきた対策は、どれも疑問符が出るような代物ばかりです。 そもそも労基の元締めの厚生労働省が残業だらけという話なんですが・・・改善される日は来るのでしょうか?

雑学王 HOME