お好み焼きとモダン焼きと広島風お好み焼きの違い

okonomiyaki-hirosimayaki-modanyaki

関西のソウルフードと言えばお好み焼きです。 一口にお好み焼きといっても沢山の種類がありますが、大きく分けて「お好み焼き」「モダン焼き」「広島風お好み焼き」の3種があります。 関西人なら当然見分けられますが、他県の人は違いが分からないこともあるみたいです。

本日はこの3種類の違いを説明しましょう。

お好み焼き

okonomiyaki

お好み焼きは別名「混ぜ焼き」と言い、広島県民からは「関西風お好み焼き」と呼ばれることもあります。 別名の通り生地と具材を全て混ぜてから焼くのが特徴です。

生地、水、ざく切りキャベツ、肉、卵、ショウガなど好きな具を混ぜて、鉄板の上に流して焼きます。 場合によっては肉や目玉焼きを別に焼くこともありますが、基本的に全部混ぜて焼きます。

他2種に比べると簡単で早く作れて価格帯も安いのが特徴です。 また省スペースで作ることができるので、フライパン一つで作ることができます。 その手軽さもあって関西では家庭でも広く親しまれており、ごはんにおかずにおやつにと作られています。

モダン焼き

modan

混ぜ焼きのお好み焼きにソバ(焼きそば)を入れたのがモダン焼きです。 基本的にお好み焼き+ソバだと思ってください。

まずお好み焼きの生地を鉄板の上で片面焼き、その上にソバを乗せます。 ソバの中に生卵を落とすことも多いですね。 そしてひっくり返して焼けば完成です。

ソバはお好み焼きを焼いている横で焼きそばのように焼いてから乗せることもあります。 まあどのような形にしろ、お好み焼き+ソバ=モダン焼きです。 ソバが入る分値段も高くなりますが、がっつり食べられるのが特徴です。

広島風お好み焼き

hirosimayaki

クレープのように生地だけを伸ばして焼き、その上に具材を乗せて包むのが広島風お好み焼きです。

広島県内ではむしろこちらが「お好み焼き」であり、関西の混ぜ焼きは広島県内では「関西風お好み焼き」と呼ばれることもあります。 しかし基本的にはこちらが傍流であり「広島風お好み焼き」や「広島焼き」などと呼ばれます。

関西風・モダン焼きは生地に具材を混ぜて焼きましたが、広島風は生地と具材を混ぜないで重ねていくのが特徴です。 鉄板の上に生地を乗せ、その上にキャベツともやしなどの野菜、さらに上に肉と乗せて、ひっくり返して蒸します。 そして焼きそばと目玉焼きを別に作って、目玉焼きの上に焼きそば、焼きそばの上に最初の固まりを生地が上になるように乗せれば完成です。

関西風がどこをどう切っても同じようになるのに対し、広島風は具材が層を形成しているのが大きな違いです。 また粉の量も関西風に比べて少ないですね。生地だけ見れば厚めのクレープみたいな感じです。 具材の味を楽しみたい場合は広島風の方がいいかもしれませんね。

具材が多めで作るのに手間暇もかかるためか、価格は関西風に比べて高めで作るのにも時間がかかります。 個人的にはこれが一番おいしいと思いますが、私は関西人なのであまり大きな声で言えません・・・

お好み焼きと言えば大阪のイメージがありますが、広島も結構なお好み焼きの街なんですよね。 お好み焼き店が大量に入ったお好み焼き村がありますし、お好み焼きソースとして確固たる地位を築いているオタフクソースも広島発祥です。

広島風お好み焼きは作るのに広い鉄板が必要で、家庭のフライパンひとつで作るのは中々難しいです。 この辺も関西で受け入れられない要因でしょうか。