都道府県で違うのは都だけで、残りは歴史的な経緯で呼称が違うだけ

japan

日本は1都1道2府43県に分かれています。 しかしなぜ4種に分割されているのでしょうか?別に47県でもいいはずですよね。

実際の所は東京都だけは特別な処理があるので纏めるのは面倒なのですが、残りは呼称が違うだけです。 呼称が違う理由は歴史的な経緯によるもので、今日においては深い意味はありません。

都道府県に違いはほぼない

tokyo

日本は1都1道2府43県の行政区画に分かれています。 しかしなぜ「都道府県」の4種類も行政区画の呼称があるのでしょうか?

例えばアメリカなら「州」で分かれていますよね。(州と都道府県は全然別物ですが、まあ話の例えとして聞いてください。) ワシントンだろうがニューヨークだろうがハワイだろうが、51区画の全てが「州」であり呼び方は同じです。

それでは都・道・府・県ごとに役割や機能が違うのかと言うと、都だけは特別区という例外的な行政区分を持っています。 なので都は別としても、他の道府県は呼称を変えて区別しなければならないほどのものではありません。

また都道府県は英語では全て「Prefecture」でまとめられています。 東京都は「Tokyo Prefecture」、大阪府は「Osaka Prefecture」、岐阜県は「Gifu Prefecture」と都も府も県も同じになります。 なお北海道は例外的に「Hokkaido prefecture」と書きます。…北海道県ってたまに聞くワードですけど、ここから来ていたんですかね?

まとめると都は少し特殊ですが、他の道府県は特に機能は変わらないのです。 なぜ呼称が違うのかと言えば、歴史的な経緯によるものなのです。

都道府県の呼び方が違うのは歴史的な経緯から

todofuken

府・県の違いは重要な地であるかどうか

明治4年の廃藩置県により3府302県となりましたが、この時点では「府・県」の2種しかありませんでした。 旧天領(=徳川の直轄領)の中でも特に重要な京都・東京・大阪の3つを「府」として定め、それ以外を県としました。

都は戦中に国の影響力を強めるために作られた

東京府の中に東京市があったのですが、旧東京市はおおよそ現・東京23区に該当します。 東京23区と他の地域を比べて分かる通り、東京府と東京市はかなり歪なバランスをしていました。 なので二次大戦中、国の影響力を強めるという名目で「東京都」とまとめ、東京市を分割したのです。

東京都の持つ区が他の政令都市の区と意味合いが違うのも、この辺りの出来事に由来しています。 東京都の特別区は市町村相当の扱いなのに対し、政令指定都市の持つ区はただの分割単位であり行政単位ではありません。

東京都の区は特別区と言い、「東京都新宿区」のように都に続く位置にあります。 対して他の政令指定都市の区は「神奈川県横浜市神奈川区」のように市の更に下にあります。

特別区はそれぞれに区長がいて自分たちで行政を行いますが、政令指定都市の区の行政は市が行い区長もいません。 これは特別区の立ち位置が市町村のそれであり、政令指定都市の区の立ち位置は市町村より更に下であるためです。

ただ特別区は一見特別な存在のように見えますが、実の所は市町村よりも裁量権が少ないです。 これは「人口が多い場所は各区の裁量で行政を行うよりも都の裁量で行った方が効率的」だからです。 要は二重行政の解消を目的としています。

昨今では大阪都構想が提唱されていましたが、当時の東京府が現在の大阪府と同じような状況にあったと考えれば分かりやすいですね。 強力な東京市が東京府と派閥対立し、行政・サービス・施設の建設などを府・県がそれぞれに行い、効率の悪い二重行政となってしまっていた訳です。

道は地方自治法施行によって誕生した

北海道は明治当初はあまり開拓されておらず、人も少ない場所でした。 当初は函館県、札幌県、根室県の3県を置いていましたが、うまく運営が成り立たずに廃止され、代わりに「北海道庁」を置き政府直轄地としたのです。 そして戦後、地方自治法施行に伴って北海道庁は地方自治体となり「北海道」として登録されて今に至ります。

そんな経緯があって今日の1都1道2府43県になったのです。 なので「都だけ特別、他は旧時代の名残で呼称が違うだけ」と考えればおよそ間違いありません。

個人的には東京都の特別区制を止めて市政にして全部県にしてもいいぐらいだと思いますが、まあ政治的な思惑があったりわざわざ名称変更の手間をかけるのが面倒だったりと色々あるのでしょう。

雑学王 HOME