クマと出会って死んだふりをしたら死ぬ

bear

山に入るときなどに「熊注意!」と書いた看板を見かけることがあります。 注意と言われても何をどう注意すればいいのか、なんとなくは分かっても具体的にと言われるとよく分かりませんよね。

そういえばよく「クマに出会ったら死んだふりをしろ」と聞きます。 いつでも死んだふりをする準備をしておけばクマと出会っても安心ですね。

そんな訳ないでしょう!クマの前で死んだふりなんて、死にますよ!

死んだふりはダメなの?

play-dead

クマは動物の死骸を食べます。つまり死んだふりはエサが転がってるだけです。 後はクマが満腹で何かを食べる気分ではないことを祈るばかりになります。

「死んだふり」云々はイソップ童話の「熊と旅人」が元になっているという説があります。 でもあの話は完全にメルヘンなので、決して真似してはいけません。

なおクマと出会って死んだふりでやり過ごそうとして死傷したニュースは山ほどあります。 死んだふりではなくきっちりとクマ対策をしましょう。

クマ注意は何を注意すればいいの?

クマと出会わないように心がける

bear-and-human

まずクマと出会わないように注意してください。 向こうも人間は怖いので、出会いたいなんて思ってません。大抵はお互いが予期せぬ出会いです。

なので歩くときに話をしながら・歌いながら・鈴を鳴らしながら・ラジオを点けてなど音を出してこちらの存在を知らせながら歩きましょう。 遠目にこちらの存在を察知すれば大抵は向こうが引いてくれます。

ただ「人間は美味しいものを持っている」と学習したクマは逆に近寄ってくることもあります。 山での餌付けや生ゴミの放置が禁止されているのはこういった事情もあるので絶対にやってはいけません。

クマから走って逃げようとしない

できれば出会いたくはないですが出会ってしまったら仕方がありません。

まず素早く逃げようとはしないでください。 クマに限りませんが、狩猟本能を持つ動物は逃げようとしたものを追う習性を持っています。 クマは時速30~60kmkm/h以上で走ることができるので走って逃げても追いつかれます。

クマは前足が短いから下り坂は苦手と言いますが、崖のような急斜面でもない限りは結局人より早いです。 走って逃げようとはしないでください。

木に登るのは賭け

クマと出会ったら木の上に逃げるケースもままあるようです。 しかし実はクマは木登りが得意なことは覚えておきましょう。

ただヒグマなどの巨大なクマは成長して重くなるにつれて木登りをしなくなります。 恐らく木が体重を支えられなくなって樹上では上手く動けなくなるのでしょう。 成熟したヒグマが相手であれば木に登るのも手かもしれません。

なお小柄なツキノワグマは非常に木登りが得意です。 木の上に登るのは賭けになりますが、クマの気分次第ではどこかへ行ってくれるかもしれません。

日本の場合はヒグマは北海道、ツキノワグマは本州以南に生息しています。 どちらにいるかで樹上に逃げるべきか否かは判断できるでしょう。

クマと出会ってしまった時にやるべきこと

互いの距離が近すぎる場合はクマを見つめながらジリジリと下がりましょう。 まずはゆっくり後退して距離を取ります。

次にリュックや上着などの荷物を下に置いて、再び自然な速度で後退して更に距離を取ります。 クマは人の荷物を漁るのが大好きなので、興味を人から荷物へ移すことができます。

盗られた荷物は諦めましょう。 クマは執着心が強いので、一旦渡したものが無造作に置いてあったとしても持っていくと取り返そうと追ってきます。

ある程度距離が空けば、目を離して少しだけ早歩きして逃げます。 「俺はお前に興味がないからもう行くぜ」とハッタリをかましながら立ち去りましょう。 そのままある程度の位置まで離れれば生還です。

本来クマは臆病で慎重な性格で、人間との出会いは向こうも大抵は想定外のことなのです。 出会ってからの対処も大事ですが、それよりもお互い望まぬ出会いとならないよう心がけたいものです。

雑学王 HOME