ファイルの作成方法

PHP

PHPは拡張子が「.PHP」であるPHPファイルを作り、HTML文書に埋め込んで記述します。 新規に作るのであれば拡張子を「.PHP」にして保存しましょう。既存のファイルをPHPファイルに変更するのであれば、拡張子を「.txt」や「.HTML」から「.PHP」へ変更すればPHPファイルとなります。

またPHPの記述がないHTMLファイルをPHPファイルにしても問題ありません。通常のHTMLファイルとして動作します。

PHPファイルの作成方法を2つ紹介しておきます。

ファイルをPHPファイルとして保存する

テキストエディタを開いて「名前を付けて保存」を選択します。

ファイルの種類を「すべてのファイル*.*」にして、ファイル名の拡張子を「*.PHP」として保存します。

直接拡張子を弄る

ファイルの拡張子を表示する設定にしていれば、直接拡張子を変えることも可能です。 F2キーでファイル名を選択し、直接拡張子を「.PHP」に変更します。

eyecatch

スクリプト宣言

eyecatch

XAMPPでローカルにPHP開発環境を設定する

PHPの記事

eyecatch

改行・空白・タブ

eyecatch

コメント

eyecatch

エスケープシーケンス

eyecatch

スクリプト宣言

eyecatch

定数の宣言と命名規約

eyecatch

XAMPPでローカルにPHP開発環境を設定する

PHPの記事一覧HOME