海外で荷物を預かってはいけない!麻薬入りで死刑になることも!

海外へ行く際によく言われる注意に「他人の荷物を預かるな」というものがあります。 中に何が入っているか分かったものではなく、もし危険物が入っていたら逮捕されてしまうからですね。

もし危険物だったらどうなるのか、どんな手口で荷物を運ばせようとするか、有名事件と共に見てみましょう。

麻薬密輸で死刑になる国もある

2009年マレーシアへの麻薬密輸容疑で死刑判決

2009年当時35歳だった日本人女性が、マレーシアにて麻薬密輸容疑で逮捕されました。 女性はスーツケース3つを所持しており、一人旅にしては荷物が多すぎると不審に思った税関が調査したところ4.7kgの覚せい剤が見つかったのです。

女性は「荷物は預かったもので中身は知らない」と供述していましたが、2015年に死刑判決が下りました。

2010年中国にて麻薬運搬罪で稲沢市議に無期懲役判決

2013年稲沢市の現職市議である日本人男性が、中国にて麻薬運搬罪で逮捕されました。 帰国の際に広州での荷物検査にて、預かったスーツケースから3.3kgの覚せい剤が見つかったのです。

男性はアフリカで事業をしており、取引相手のナイジェリア人から中国に招かれていました。 その際に商品サンプルとして預かったスーツケースに覚せい剤が隠されていたのです。

男性は「荷物は預かったもので中身は知らない」と供述していましたが、2019年に無期懲役の判決が下りました。 なお中国において75歳以上は死刑にならない原則があり、判決時に男性は76歳でした。

中国では1kg以上の麻薬を密輸すると死刑になるため、男性が若ければ死刑判決になった可能性が高いです。 中国にて麻薬運搬罪で死刑判決を受けた日本人は何人もいます。

アジアにおいて麻薬密輸は重い罪になる傾向があり、特にマレーシアと中国は厳罰が下ります。 他なら平気という訳ではありませんが、アジアへ行く際には特に注意した方が良いでしょう。

密輸人は麻薬を他人に運ばせようとする

このように麻薬の密輸は厳しく取り締まられています。 だから密輸人はこのリスクを避けるため、他人に麻薬を運ばせようとします。

とは言っても赤の他人にいきなり「何も言わずにこれを運んで欲しい」なんて言う訳ではありません。 そんな雑なやり方ではすぐにバラされて逆にリスクが高くなってしまいますからね。

その手口は狡猾で、人の親切心を利用したり、信頼関係を利用したり、知らない間に運び屋になっていることもあります。 以下はその一例です。

麻薬はほんの数kgで末端価格が億に届く代物で、その輸出入もまた大きな仕事です。 それを運ぶためならこの程度のことは当たり前にするのです。

時にはもっと狡猾な手口で運び屋に仕立てられることもあります。 この手の話で有名な「メルボルン事件」をご紹介しましょう。

メルボルン事件

1992年、日本人観光客5名がメルボルン空港にて麻薬密輸容疑で逮捕されました。 この事件において恐ろしいのは、麻薬の運び屋に仕立てられてしまった経緯です。

日本人観光客7名の一行がメルボルン旅行ツアーに参加しました。 ツアーはまずクアラルンプールで一泊する行程で、そこでの夕食の際に4人のカバンが車ごと盗まれる事件が起きました。

ツアーの続行が危ぶまれましたが、現地ガイドの必死の捜索により何とか荷物は見つかります。 しかしカバンはズタズタに引き裂かれていたので、ガイドは代わりのスーツケースを4人に提供しました。 ガイドの心遣いに感謝しつつ、翌日一行は予定通りメルボルンへと向かいます。

しかしメルボルンでの入国審査にて、4人のスーツケースに13kgのヘロインが隠されていることが発覚しました。 ツアー客は身の潔白を訴えましたが5人が逮捕され、懲役15~20年の刑に処せられる結末となりました。

メルボルン事件はオーストラリアにおける取り調べや裁判の経緯が問題視されており、日本においては冤罪であるという見方が強いです。 しかしツアー客の中に前科のある元暴力団員がいるなど疑わしい要素もあります。

事件の真偽は本稿の本筋ではないので、興味があれば調べてみてください。

もしあなたがメルボルン事件のツアー客だった場合、事件をきちんと回避できたでしょうか? 考えてみると中々難しいことですよね。

恐らく犯人はツアー客が新しいカバンを調達できる時間的余裕を与えなかったでしょう。 もう旅行は諦めるしかないというところで「皆さん、良ければこのスーツケースを使ってください。」と持ち掛けたのだと思います。

もしガイドの用意したスーツケースを拒否すれば、4人はツアーから外れることになる可能性が高いです。 そうなれば折角の楽しい旅行が台無しですし、諦めて日本へ帰国するにしても自腹で飛行機を手配しなければなりません。

こんな状況でスーツケースを拒否して一人帰国するなんて選択は中々できませんよね。 人間心理を上手く利用した巧みな手口だと、思わず感心させられてしまいます。

しかしこれを拒否できなければ、あなたを待っているのは刑務所や絞首台かもしれません。 外国で他人の荷物を預かるのはそれほどの危険があることを肝に銘じておきましょう。

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

eyecatch

阿寒湖のマリモは天然記念物だから売ることができない

eyecatch

うな重の並・上・特上は質ではなく量

eyecatch

インフルエンザのワクチンはニワトリの卵から作られている

eyecatch

チャーハンと焼き飯とピラフの違い

eyecatch

人は当たり前の心理によって山で遭難する

eyecatch

「太陰暦」「太陰太陽暦」「太陽暦」の違いと変遷

HOME