「ウサギはさみしいと死ぬ」はデマだけど、そう言われる理由はある

rabbit

「うさぎはさみしいと死ぬ」というのはよく聞く話です。 私は小学生の頃に先生からこの話を聞きましたが、「じゃあ学校で何年も1羽飼いしてるウサギは何なんだ」と子供心に思いました。

うさぎはさみしくても死にません。 しかしこの話が全く根も葉もないか話なのかと言うと、そうは言い切れない事情があったりもします。

うさぎはさみしいと死ぬ!?

lonely

ウサギは大まかに分けてノウサギとアナウサギの2種がいます。 ノウサギは野山を駆けまわるウサギで基本的に単独で生活しているのに対し、アナウサギは地面に掘った穴の中を巣として群れで生活しています。 同じウサギでも結構生態が違うのです。

ペットとして飼われているのは基本的にアナウサギであり、本来は群れで生活する習性をしています。 だから単独飼いはさみしさを感じている可能性は高いですが、しかしそれでただちに死ぬわけではありません。

「ウサギはさみしいと死ぬ」は間違いなのですが、完全に的外れなのかと言えばそうでもありません。 「さみしかったから死んだ」と思わせるような死因があるのです。

うさぎは絶食すると危険

うさぎは常に腸を動かして体調を整えています。 もし食事を取らなかった場合、腸の活動が止まって細菌が繁殖し、ほどなくして毒素で死にます。

人間の感覚では朝昼晩の一食ぐらい抜いても問題ありませんし、最悪1日何も食べなくても大した話ではありません。 しかしウサギは半日食事しないだけで問題になり、1日食事をしなければ病気になったり命を失う危険もあります。

この人の感覚とウサギの習性のギャップが、「うさぎはさみしいと死ぬ」と言われれるようになった原因のように思います。 ウサギを人がさみしいと思うような飼い方=放任気味に飼育していた場合、エサやり忘れたり食欲不振に気付けなかったりして、あっさり死んでしまうのです。

ウサギに限りませんが、ストレスは食欲を低下させます。 飼い主がちょっと一泊するつもりで家を空けただけでも、ウサギはそれをストレスに感じて食事が進まないかもしれません。 そして翌日帰ってくるとウサギが死んでいたなんてこともあり得るのです。

旅行で家を空けたらウサギが死んでしまったとはよく聞く話ですが、ウサギの死にはこんな事情があったのです。 もしウサギを飼うつもりなら気を付けましょう。

アルパカもさみしいと死ぬ!?

alpaca

アルパカもさみしいと死ぬ動物と言われています。 孤独にさせていると、体が弱くなったり病気になったりするそうです。

これは群れで生活する動物に割と見られる傾向です。 本能的に孤独でいることにストレスを感じるからこそ、群れを作ろうとするんですね。

アルパカを輸送する際などは、常に複数のアルパカを一緒に行動させて不安を和らげるそうです。

人もさみしいと死ぬ!?

woman

人間も群れを作ろうとする動物なので、さみしい状態はストレスに繋がります。

この辺は個人差もあるので、客観的に判断するのは難しいです。 数年間孤独に過ごしていても全く問題ない人もいれば、ちょっと一人でいるだけで不安に押しつぶされるような人もいます。

ただ何にしても自分が「さみしい」と感じるような状態はマズイです。 さみしさはストレスとなり、意欲や体力の低下につながり、大げさに言うと死ぬことすらあるのかもしれません。

「さみしい」という感情は、他者との交流やふれあいを求めている時に生まれるものです。 もしあなたが「さみしい」と思うのであれば、さみしさを解消できるような関係を作れるよう頑張りましょう。

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

HOME