「ウサギはさみしいと死ぬ」はデマだけど…

rabbit

「うさぎはさみしいと死ぬ」というのはよく聞く話です。 私は小学生の頃に先生からこの話を聞きましたが、「じゃあ学校で何年も1羽飼いしてるウサギは何なんだ」と子供心に思いました。

クソガキの思考のような気はしますが、着眼点は悪くないと思います。 うさぎはさみしくても死にません。しかしこの話が根も葉もないかと言うと、そうでもない事情があったりもします。

うさぎはさみしいと死ぬ!?

ウサギは大まかに分けてノウサギとアナウサギの2種がいます。 ノウサギは野山を駆けまわるウサギで基本的に単独で生活しているのに対し、アナウサギは地面に掘った穴の中を巣として群れで生活しています。 同じウサギでも結構生態が違うのです。

ペットとして飼われているのは基本的にアナウサギであり、本来は群れで生活する習性をしています。 だから単独飼いは寂しさを感じている可能性は高いのですが、しかしそれで死ぬわけではありません。

つまり「ウサギはさみしいと死ぬ」は間違いなのですが、完全に的外れという訳でもありません。 「さみしかったから死んだ」と思わせるような死因があるんですね。

「さみしい」とは?

lonely

うさぎがさみしいと感じるように思える環境とは、つまり飼い主から放置されているような状態です。 これは当然うさぎにとって好ましい状態ではありません。

うさぎは腸を常に動かして体調を整えているのですが、何かが原因で食事を取らなかった場合は腸の活動が止まって細菌が繁殖し、ほどなくして毒素で死にます。 放任気味に飼育していた場合、エサを食べていなかったことに気付けません。

ウサギは生活にストレスを感じると食欲も低下します。 飼い主が旅行に行くなどで家を空ければそれをストレスに感じて食事が進まないかもしれません。 そうなると細菌の毒素で死んでしまう危険があるのです。

旅行などで数日家を空けたらウサギが死んでしまったとはよく聞く話ですが、ウサギの死にはこんな事情があったのです。 さみしいのが直接死に繋がる訳ではないにしろ、適切なスキンシップを心がけたいものですね。

アルパカもさみしいと死ぬ!?

alpaca

アルパカもさみしいと死ぬ動物と言われています。 孤独にさせていると、体が弱くなったり病気になったりするそうです。

これも話半分のデマかと思いきや、しかしアルパカは実際に扱う業者が気を利かせて扱ったりしていて、うさぎ以上に信ぴょう性が高いです。 例えば輸送する際などは、常に複数のアルパカを一緒に行動させているそうです。

うーん、うさぎより弱いのでは…

人もさみしいと死ぬ!?

woman

個人差があります。一人でいるのが耐えられない人から一人でいるのが大好きな人まで色々いますからね。 客観的に指標を作って判断するのは難しいです。

ただ何にしろ「さみしい」と感じる状況に長くあるのはあまり好ましいことではありません。 それはストレスとなり、意欲や体力の低下につながり、大げさではありますが死ぬことすらあるのかもしれません。

「さみしい」という感情は、他との交流やふれあいを求めている時に生まれるものです。 もしあなたが「さみしい」と思うのであれば、あまり抑圧せずに心の声を素直に聞くことも大事なのではと思います。

\share/

  • hatebu
  • line

よく読まれている記事

HOME