動物よもやま話:違う動物でも似た進化をする「収斂進化」

dolphin

動物は自分が置かれた環境に適応するために様々な進化を遂げます。 正確に言うと様々な変化が起こり、環境に対して不利な変化をしたものは淘汰されて有利な変化をしたものが生き残るといった感じですが。

環境に対してより最適な進化を遂げたものが、その場所で繁栄するようになります。 その進化の系譜が動物分類なのですが、中には同じ祖先を持つのに育った環境が違いすぎてまるで別の動物のようになった奴らもいます。イルカとカバなんてその好例ですよね。

進化と変化と収斂進化

「進化」とは「変化と自然淘汰」です。 変化は子を産む度に起こりますが、その中でも環境に対してより上手く適応できた有利な変化を進化と言います。

たまたま発生した変化がより環境に適応していたら繁栄しますし、そうでなかった場合は淘汰されます。 そうして長い間かけて少しずつ進化した動物が現在まで生き残った結果「こいつら本当に同じ仲間なのか」といいたくなるようなバリエーションに富んだ進化を遂げた動物も出てきたのです。

進化は自然淘汰と言いましたが、同じ環境なら一定の特性を持つ動物が有利=繁栄しやすく淘汰されにくいです。 例えば陸上なら足の速さ、水の中なら泳ぎの速さが有利に働きますよね。

ある環境下で生存に有利な特性があると、全く別種の動物でも進化の果てに同じ特性を得ることがあります。 これを収斂進化と言います。

イルカとサメに見る収斂進化

dolphin and shark

イルカとサメは全く別種の動物であり、イルカは哺乳類でサメは魚です。 イルカは元々は陸上動物の出身でカバの親戚であり、祖先はオオカミのような姿で陸上で生活していました。 対してサメはイルカが陸上で生活していた頃から今の姿とあまり変わっていません。

それが現在、イルカは見た目サメみたいな姿になっています。 カバとサメのどちらがイルカに似ているかと言われたら間違いなくサメです。

これはイルカが海が生活するうちに、サメと同じような特性を獲得したからです。 早く泳ぐのに有利な流線形のボディ、黒い背中と白い腹という海中で保護色となる体色、ヒレと化した手足などなど、まるで見た目サメのようになりました。 全く別種の動物でありながら似た特性を持つような収斂進化を遂げた訳です。

イヌやネコや人間だって、頑張って海に適応すれば数千万年後にはイルカみたいな体になるかもしれません。 そう考えるとロマンがありますね。

NatureEarth HOME