山本五十六の名言

yamamoto-isoroku

山本五十六は日本の軍人で海軍大将まで勤めた人物です。
対米戦争の無謀さを説いており、しかし決定には逆らえず連合艦隊司令長官として参戦、1943年に戦死しました。もし山本五十六が生きていれば日本はもっと早くに降伏できたのではないかとも言われています。

山本五十六

話し合い 耳を傾け 承認し 任せてやらねば 人は育たず

人が育つかどうかは本人の素養もありますが、教育者の手腕による所も大きいです

山本五十六

やってみせ、言って聞かせてさせて見て、褒めてやらねば人は動かじ

頭ごなしに命令するだけでは人は動きません

山本五十六

やっている 姿を感謝で 見守って 信頼せねば 人は実らず

感謝しない、やたら口出しする、信頼しない。そんな人との関係がどうなるかは考えるまでもありません。

HOME

\share/