ワシントン・アーヴィングの名言

washington-irving

ワシントン・アーヴィングはアメリカの作家です。
歴史や言い伝えなどをユーモラスに描いた作品が多いです。代表作は短編集の「スケッチ・ブック」などです。

ワシントン・アーヴィング

偉人は目的を持つ。そうではない人間は願望を持つ。

願っただけでは叶わないので、目的意識を持って取り組みましょう

ワシントン・アーヴィング

変化は人にある種の安堵感を与える。それが更なる事態の悪化を招くものであったとしても。

人は不思議と変化が良い影響をもたらすという錯覚を抱きがちです

ワシントン・アーヴィング

お若く見えますね、と言われたら、歳を取ったなと言われたと思え

若ければ「お若く見える」とは言われないのです

ワシントン・アーヴィング

良くも悪くも、変革には一種の救いがある

変化には閉塞感を解消する効用があり、たとえ悪い変化であっても心が救われることもあります

ワシントン・アーヴィング

舌は使えば使うほど鋭利になる唯一の刃物である

弁舌は時に刃物以上に人を切り裂き、しかも使っているうちに鋭さを増します

ワシントン・アーヴィング

今日の英雄は人の記憶から昨日の英雄を押しのけ、やがて明日の後継者に押しのけられる

人は忘れっぽい生き物です

ワシントン・アーヴィング

女性の生涯は愛情の歴史である

親を愛し、夫を愛し、子を愛し、孫を愛す。男ではなかなかこうはいきません。

HOME

\share/