ロバート・フロストの名言

robert-frost

ロバート・フロストはアメリカの作家です。
アメリカの人々、文明、自然を美しく語る詩は広く国民から支持され、ピューリッツァー賞を四度受賞しています。

ロバート・フロスト

銀行とは、天気のよいときに傘を貸し、雨が降り出すと返せという所である

銀行も商売なので仕方ない部分もありますが、そのため企業は銀行をイマイチ信用していません

ロバート・フロスト

脳は不思議な器官だ。朝起きた瞬間に働きはじめ、オフィスに着くまで活動をやめない。

不思議ですね。

ロバート・フロスト

人生のコツは、損失を次の人に回すことだ

これを国単位でやって、酷いことになってる国があるらしいですよ。

ロバート・フロスト

母親は20年かけて男の子を男にするのに、女性は20分で男をバカにする

女性は男性が長年積み上げてきたものと同じ高さに一瞬で積み上がります

ロバート・フロスト

陪審員の12人は、どちらに優れた弁護士がいるか決めるために選ばれる

素人を少々集めた所で法や裁判を俯瞰して判断出来るハズはなく、結局こういうことになってしまっています

ロバート・フロスト

1日8時間誠実に仕事をこなすと、出世して1日12時間働くようになります

これが割に合うのかは給料の上昇具合に左右されるので、名ばかりで給料が上がらない職場では出世を敬遠する人も少なくありません

ロバート・フロスト

最良の方法は、常にやり遂げることである

やるべきことを見定め、一度始めたら最後までやり遂げることを心がけましょう

ロバート・フロスト

人付き合いが上手いのは、人を許すのが上手いということだ

狭量な人ほど人付き合いが下手なのは、つまりこういうことなんでしょうね

ロバート・フロスト

家とは、あなたが帰らなければならない時に、受け入れてくれる場所である

どんなボロ家であっても、やっぱり自宅は良いものです

ロバート・フロスト

愛すべきものを愛し、憎むべきものを憎め。違いを見分けるには頭が要る。

楽な方や心地よい方に流れた結果、この逆をやってしまっている人も少なくありません。

ロバート・フロスト

駆け引き上手は女性の誕生日は覚えているが、年齢は覚えていない

駆け引き上手になる秘訣が集約されている言葉です

ロバート・フロスト

詩とは翻訳で失われるものである

その文化圏や言語ならではの繊細な表現や言い回しの翻訳は至難の業で、その情緒は大抵の場合に翻訳時に消失してしまいます

HOME

\share/