岡本太郎の名言

okamoto-tarou

岡本太郎は日本の芸術家です。
型破りな性格をしており「芸術は爆発だ」の台詞で有名で、1970年に大阪万博のシンボルとして作られた代表作「太陽の塔」は大阪のランドマークとなっています。

岡本太郎

目の前にはいつも、何にもない。ただ前に向かって心身をぶつけて挑む、瞬間、瞬間があるだけ

生きるということを突き詰めれば、こういうことなんでしょうね

岡本太郎

先生の教えたこと、学校の規則に抵抗感なく適応する子だけが、成績がいいという評価を受けてしまう。

言われたことを忠実にこなすのはひとつの才能ではありますが、そんな子ばかりなのもそれはそれで問題です

岡本太郎

人が「あらいいわね」なんて言うのは「どうでもいいわね」と言っているのと同じなんだよ

上っ面のやり取りも社会生活には欠かせませんが、あまり真に受けることがないようにしましょう

岡本太郎

人生に命を賭けていないんだ。だからとかくただの傍観者になってしまう

傍観者でいることが必ずしも悪い訳ではありませんが、傍観者ではいけない時にも傍観者でいるのは不誠実なだけです

岡本太郎

ゴッホは美しい。しかしきれいではない。ピカソは美しい。しかし、けっして、きれいではない。

芸術とはきれいとかそんな枠組みにとらわれたものではないのかもしれません

岡本太郎

ぶつかってきたこの運命に正面から戦いを挑んでゆく他はない。できなければ、滅亡するだけだ。

苛烈な言葉にも見えますが、生きるとはこういうことなのかもしれません

岡本太郎

なんでもいいから、まずやってみる。それだけなんだよ。

多くの問題はこれで解決します

岡本太郎

四角い枠にこだわるな。キャンバスからはみ出せ

既存の枠組みにこだわる必要のないことで、枠組みを気にする必要はありません

岡本太郎

自分の姿をありのまま直視する、それは強さだ

自分の弱さをきちんと見つめられれば、どうすべきかは自ずと見えてきます

岡本太郎

芸術は爆発だ

氏は人間として強烈に生きる者の爆発するような生き方ことが芸術であるとしています

岡本太郎

自分を大事にして、傷つきたくない、そう思うから不安になるんだよ。

自分を大事にし過ぎると何もできない人間になってしまいます

岡本太郎

恋愛だって芸術だって同じだ。一体なんだ。全身をぶつけること。そこに素晴らしさがある。

何事も全身全霊でぶつかっていくことに素晴らしさがあります

HOME

\share/