松下幸之助の名言

matsusita-kounosuke

松下幸之助は日本の実業家です。
松下電器(パナソニック)を一代で巨大企業に育て上げ、経営者や政治家も勉強に通う松下政経塾を立ち上げた人物です。

松下幸之助

10のサービスを受けたら11を返す。 そのプラス1がなければ社会は繁栄していかない。

相手から受けた恩を小さく返す人しかいなければ、やがて誰も何もしなくなります。 受けた恩はより大きく返すことを心がけたいですね。

松下幸之助

自分が利を得るために不必要に自分の膝を屈することは決してすまい。そうして得られた応援や協力は、また目に見えないしがらみを生み、道を暗くするからである。

相手に媚びへつらって何かを得ると、ずっと媚びへつらい続けなければなりません。 それも一つの処世術ではありますが、不必要にそんなしがらみを増やしたくはないですね。

松下幸之助

人を使うには、ほめて使う、叱って使う、批判して使うなどいろいろあるが、ほめて使う人が概して成功している。

褒めて使うだけではダメですが、基本的に褒めて使うのが良いのは間違いありません

松下幸之助

心配や憂いは新しいものを考え出すひとつの転機。 正々堂々とこれに取り組めば新たな道が開けてくれる。

心配や憂いは見てもみないフリをしていると心の重圧になるので、正々堂々と取り組みましょう

松下幸之助

万策尽きたと思うな! 自ら断崖絶壁の淵にたて。その時はじめて新たなる風は必ず吹く。

追い詰められると大きな力が湧き、それが突破口になることがあります

松下幸之助

全体で決まったことなので…などというのは、 責任者として取るべき責任の自覚が欠けている

全体で決まったことは誰も責任を取らないので、つまりは責任者が責任を果たそうと自覚していません

松下幸之助

とにかく、考えてみることである。工夫してみることである。そして、やってみることである。失敗すればやり直せばいい。

ただ言われたまま書いてあるままでは、それ以上のことはできません

松下幸之助

悩みに負けてしまわず、自分なりの新しい見方、解釈を見出して、その悩みを乗り越えていくことが大切である。

悩みとは悩みに対する答えを出す工程であり、答えを出さない悩みは甘えでしかありません

松下幸之助

志を立てるのに老いも若きもない。そして志あるところ、老いも若きも道は必ず開けるのである。

まだ若いから・もう歳だからは、大抵の場合やらない言い訳でしかありません

松下幸之助

人の心は日に日に変わっていく。そして人の境遇もまた、昨日と今日は同じではないのである。

良いことも悪いことも、良くも悪くも変わっていきます。 だから今を悲観し過ぎることはありません。

松下幸之助

どんなに悔いても 過去は変わらない。どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。いま、現在に 最善を尽くすことである。

我々が何とかできるのは現在だけなので、現在に最善を尽くしましょう

松下幸之助

お客様の苦情から商品の欠陥がわかる。お客様の要望が新商品のヒントになる。お客様とは本当に有難いものです。

お客様の需要があるところに商売があります

HOME

\share/