ヨハン・ゲーテの名言

johann-goethe

ヨハン・ゲーテはドイツの文豪・詩人です。
代表作「若きウェルテルの悩み」は今も色あせない名作として世界中で読まれています。またゲーテの詩は多くの作曲家たちの詩に引用され、特にシューベルト作曲の「魔王」が有名です。

ヨハン・ゲーテ

光が多いところでは、影も濃くなる

何事もそうです

ヨハン・ゲーテ

一つのことは万人に当てはまらない。自分にふさわしいやり方を模索しなさい

人にはそれぞれ個性があるので、自分に合ったやり方もそれぞれ違います

ヨハン・ゲーテ

人生は次の二つで成り立っている。したいけどできない。できるけどしたくない。

少なくとも私の頭の中にあるのは、大よそこの二つです

ヨハン・ゲーテ

やり始めれば心が燃え上がり、続ければ仕事は完成する

やる気はやってるうちに湧いてきますし、やっていれば仕事は終わります。

ヨハン・ゲーテ

最も長く考える者が最も善い選択をする訳ではない

いつまでも悩んでしまう人は、悩むことに制限時間を設定すると良いかもしれません

ヨハン・ゲーテ

何もかも独学で覚えるのは、長所ではなく短所だ

先人が残したノウハウを無視して何もかも独学でやろうとするのは、非効率的で不毛な作業でしかありません

ヨハン・ゲーテ

前進しない人は、後退している

世の中は進歩し続けているので、歩みを止めれば相対的に自分の位置は下がっていきます

ヨハン・ゲーテ

自分一人で石を持ち上げる気がなければ、二人でも持ち上がらない

やる気のない人が何人集まったところで、何もできはしないのです

ヨハン・ゲーテ

泣きながらパンを食べた者でなければ、人生の本当の味は分からない

酸いも甘いも嚙み分けてこその人生です

ヨハン・ゲーテ

人間は努力する限り過ちを犯すものだ

努力に過ちは付き物なので、過ちを恐れずに頑張りましょう

ヨハン・ゲーテ

向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です

向こう見ずは短所として見られることが多いですが、挑戦する気概が生まれる点では長所にもなり得ます

ヨハン・ゲーテ

興味を失えば、その記憶もなくなる

いつまでも好奇心を忘れずにいたいものですが、それはとても難しいことです

HOME

\share/