ヨハン・ゲーテの名言

johann-goethe

ヨハン・ゲーテはドイツの文豪・詩人です。
代表作「若きウェルテルの悩み」は今も色あせない名作として世界中で読まれています。またゲーテの詩は多くの作曲家たちの詩に引用され、特にシューベルト作曲の「魔王」が有名です。

ヨハン・ゲーテ

光が多いところでは、影も濃くなる

何事もそうです

ヨハン・ゲーテ

癖は抜けないから、特性として伸ばせば良い

自分のクセを矯正する必要がない訳ではありませんが、クセを特性として伸ばすのも一つの方法です

ヨハン・ゲーテ

誰も知らないない人混みの中ほど、孤独を強く感じる時はない

部屋の隅に一人いる時よりも、知らない人たちの中にいる時の方が孤独を感じるのは不思議ですね

ヨハン・ゲーテ

神は移ろいやすいものだけを美しくした

あるいは終わりがあるからこそ美しく感じるのかもしれません

ヨハン・ゲーテ

最も長く考える者が最も善い選択をする訳ではない

いつまでも悩んでしまう人は、悩むことに制限時間を設定すると良いかもしれません

ヨハン・ゲーテ

一つのことは万人に当てはまらない。自分にふさわしいやり方を模索しなさい

人にはそれぞれ個性があるので、自分に合ったやり方もそれぞれ違います

ヨハン・ゲーテ

この世の全ては移り行くものだ

変わらないものは死と税金だけってのは誰の言葉でしたかね

ヨハン・ゲーテ

何をいかにやるべきかを考えていたら、何もしないうちに多くの歳月が流れる

考えることは必要ですが、考えすぎるのは無駄です

ヨハン・ゲーテ

興味を失えば、その記憶もなくなる

いつまでも好奇心を忘れずにいたいものですが、それはとても難しいことです

ヨハン・ゲーテ

自分一人で石を持ち上げる気がなければ、二人でも持ち上がらない

やる気のない人が何人集まったところで、何もできはしないのです

ヨハン・ゲーテ

人は他人の功績を認めてしまうと、自分の価値が下がると思っている

人を認めて自分の価値が下がる訳でもなければ、人をけなして自分の価値が上がる訳でもありません

ヨハン・ゲーテ

本当の自由な心とは「認める」ことである

不快なものをどこまで許容できるかが自由の尺度です

HOME

\share/