伊藤東涯の名言

itou-tougai

伊藤東涯は日本の儒学者です。
儒学の研究に励み、江戸時代中期に父の学説を門人たちと整理して書籍として刊行しました。

伊藤東涯

君子は己を省みる。人を謗る暇あらんや

自分磨きに忙しい人に他人の悪口を言う暇はありません

伊藤東涯

口に才ある者は多くことに事に拙なり

弁が立つだけで世渡り出来てしまうので、それ故に能力を伸ばす意欲が沸かないのかもしれません

伊藤東涯

人の長短は見易く、己の是非は知りがたし

他人のことはよく分かっても、自分のことは案外分からないものです

HOME

\share/