イタリアのことわざの名言

italy

イタリアのことわざ

サイは投げられた

もう引き返せない所まで来たら、後はやるだけやろうという意味です。 引き返せないなら後ろを振り返る意味はないので、腹をくくって取り掛かるのみですね。

イタリアのことわざ

コロンブスの卵

「卵を立ててみろ」と言われて出来なかった人に卵の端を割って立てて見せると「それなら誰にでもできる」と安く見られます。 しかしその人はやり方を知るまでは出来なかった訳で、転じて誰にでも簡単に出来ることでも最初にやることは難しいという意味です。

イタリアのことわざ

ルビコン川を渡る

ローマはルビコン川を軍隊が渡ってくることを禁止していましたが、ユリウスはそれを無視してローマまで攻め上がりました。それに由来して重い決断を下す時の言葉として使われます。

イタリアのことわざ

分割して統治せよ

ローマは諸都市を支配するに当たり、都市が直接外交するのを禁止し、また待遇に差を付けました。 これにより都市の不満はローマではなく他の都市へ向くことになり、ローマ帝国の支配をより強固なものにしました。

イタリアのことわざ

ローマは一日にして成らず

古代においてローマはヨーロッパ世界の中心であり壮大な都市でした。 そんな壮大なものを作り上げるのにはそれなりの時間がかかるという意味です。

イタリアのことわざ

すべての道はローマに通ず

古代においてローマはヨーロッパ世界の中心であり、ローマを行き来するための道が多く整備されました。 転じて手段が違っても目的が同じ事の比喩に使われたりします。 なおこのことわざが生まれたのはイタリアではありません。

HOME

\share/