ヘレンケラーの名言

helen-keller

ヘレンケラーはアメリカの教育者・作家です。
1歳の時に病気になった影響で視覚と聴覚を失いましたが、家庭教師のサリバンに学んで指文字と言葉を覚え、学校で学び、世界中を巡って障碍者や人道的な活動を行いました。

ヘレンケラー

光の中を一人で歩むよりも、闇の中を友人と共に歩むほうが良い。

友人は良いものなので、沢山の友人を作りましょう。

ヘレンケラー

自分はそんな人間だと思えば、そんな人間にしかなれません。

自分はどんな人間なのかで自分が決まるのなら、どうせならポジティブな評価をしましょう

ヘレンケラー

とても難しいことでも、やっているうちに簡単になります

すごく悩んでいたのに一晩寝て起きたらできるようになっていた、なんてこともありますね

ヘレンケラー

大きな目標があるのに、小さなことにこだわるのはバカげています

小さなことにこだわっていては大きなことはできません

ヘレンケラー

盲目なのは悲しいことです。 しかし目が見えるのに見ようとしないのはもっと悲しいことです。

能力があるのにやらない、能力があることに気付いてすらいない、なんてことありませんか?

ヘレンケラー

物事を成し遂げるのは、希望と自信です。

これらが欠けると物事をすぐに諦めることになるので、心に持っておきましょう。

ヘレンケラー

人生はふたつにひとつです。勇気を持って挑むか、棒に振るか。

生きることは挑戦の連続です。

ヘレンケラー

障害は不便ですが、不幸ではありません

人には貧富、能力、身分など色々な差がありますが、それが幸福に直結するとは限りません

ヘレンケラー

世界に喜びしかないのなら、人々は勇気と忍耐を学ばないでしょう

苦しみや挫折の多い人生も、見方を変えれば勇気と忍耐を学ぶ機会が沢山あったと考えられます

ヘレンケラー

今日の失敗ではなく、明日訪れるかもしれない成功について考えましょう

失敗を一瞥もしないのは問題ですが、考えすぎるのも不健康です

ヘレンケラー

太陽の方を向いていれば、影を見ることはないでしょう

明るい気持ちになれる方を向いて生きていきましょう

HOME

\share/