故きを温ねて、新しきを知る

孔子

故きを温ねて、新しきを知る

先人や歴史を紐解いて新たな知識を知る、いわゆる「温故知新」です。 これが出来ないと歴史が繰り返したり車輪を再開発したりするハメになります。

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

HOME