チャールズ・シュルツの名言

charles-schulz

チャールズ・シュルツはアメリカの漫画家です。
スヌーピーで有名な代表作「ピーナッツ」は多分子ども向けの漫画ですが、大人が読んでも何かと考えさせられる深い話です。

チャールズ・シュルツ

絶対に起らないことを恐れて、人生をダメにしちゃいけない

まず起こりそうなことへの対処から始めましょう

チャールズ・シュルツ

正しい答えが人生の全て、ではないだろう?

正しい答えも正しくない答えも、全てひっくるめてあなたの人生です

チャールズ・シュルツ

僕の人生は塗り絵のようだ。毎日新しい絵があって色を塗るんだ

つまらない出来事でも色を塗れば鮮やかに見えてくるものです

チャールズ・シュルツ

愛は人に奇妙なことをさせるものだね

それもまた愛です

チャールズ・シュルツ

気持ちいい笑顔ほど魅力的なものはないな

だからいつも気持ちのいい笑顔でいましょう

チャールズ・シュルツ

何かを正しく行いたいなら、自分自身でやるべきだよ

自分の思い通りにやりたいなら、他人に口出しするのではなく自分の手を動かしましょう

チャールズ・シュルツ

褒められたら「ありがとう」とだけ言えばいい

これは覚えておいて損はありません

チャールズ・シュルツ

やり返すことをおぼえるんだ!

「やられてもやり返すな」と言う人もいますが、やられた方に我慢を強いるのは意味不明です

チャールズ・シュルツ

インフルエンザでなきゃ恋さ… 症状は同じだ…

恋と風邪にはいくつかの共通点があります

チャールズ・シュルツ

一度うまくいったら、もう一度やらない手はないだろ?

「一度だけ」が本当に一度で終わることはあまりありません

チャールズ・シュルツ

誰もが未解決の問題を抱えている!

何かに思い悩んでいるのは、あなただけではありません

チャールズ・シュルツ

見つめるだけで皿が料理で満たされたことなんてない

何事もこうなったらいいなと願うだけで叶ったりはしません

HOME

\share/