マハトマ・ガンジーの名言

mohandas-gandhi

マハトマ・ガンジーはインドの政治家です。
インドがイギリス植民地だった時代、暴力によってではなく平和な独立運動を主導し「非暴力・不服従」のスローガンでインド独立の気運を高めました。

マハトマ・ガンジー

人は何度でも立ち上がる

転んでも立ち上がる人でありたいですね

マハトマ・ガンジー

率直な意志の相違は、進歩を示す健全な兆候だ

他人と意見が違うのは間違いではありません

マハトマ・ガンジー

精神性の最大の要素は「恐れない心」である

恐れは精神を恐怖で歪めることになります

マハトマ・ガンジー

善きことは、カタツムリの速度で動く

悪い事はサッと広がってすぐ消えますが、善いことは少しずつ広がって消えることはありません

マハトマ・ガンジー

「目には目を」では世界が盲目になるだけだ

時にはやり返すことも必要ですが、他の解決法を探すに越したことはありません

マハトマ・ガンジー

いまここにあるものに満足することが幸せである

人間の欲には際限がないので、足るを知るのが肝要です

マハトマ・ガンジー

不満が国中に広がることは悪いことではない。むしろそこには希望の光がある

不満がなければ何も変わりませんが、不満が高まれば改革の気運が生まれます

マハトマ・ガンジー

物事は初めはきまって少数の人によって、ときにはただ一人で始められるものである

どんな大きな偉業でも、ほんの小さなものから始まっているものです

マハトマ・ガンジー

非暴力、不服従

ガンジーが非暴力を貫けたのはガンジーを殺してしまうと独立運動が過激化する情勢があったからです。 形だけ非暴力を真似ても一方的にやられるだけなので注意しましょう。

マハトマ・ガンジー

運命は私たちが作るものだ。いまからでも遅くはない。いまをどう生きるかで未来が決まる

運命はあらかじめ決まっているものではなく、私たちが行動した結果を運命と言います。

マハトマ・ガンジー

弱い者ほど相手を許すことができない。許すということは強さの証だ。

相手のことを許せるのも器量のうちです。

マハトマ・ガンジー

死ぬ覚悟が出来ていれば、人は自由に生きられる

死ぬ覚悟をすれば大抵の悩み事は些事となります

HOME

\share/