ヨハン・ゲーテの名言

johann-goethe

ヨハン・ゲーテはドイツの文豪・詩人です。
代表作「若きウェルテルの悩み」は今も色あせない名作として世界中で読まれています。またゲーテの詩は多くの作曲家たちの詩に引用され、特にシューベルト作曲の「魔王」が有名です。

ヨハン・ゲーテ

一つのことは万人に当てはまらない。自分にふさわしいやり方を模索しなさい

人にはそれぞれ個性があるので、自分に合ったやり方もそれぞれ違います

ヨハン・ゲーテ

何もかも独学で覚えるのは、長所ではなく短所だ

先人が残したノウハウを無視して何もかも独学でやろうとするのは、非効率的で不毛な作業でしかありません

ヨハン・ゲーテ

愛する人の欠点を愛せない者は、真に愛しているとは言えない

真の愛は常人の及ぶところではないのかもしれません

ヨハン・ゲーテ

自分自身に命令しない者は、いつまでも奴隷のままだ

ちゃんと自分に命令していますか?

ヨハン・ゲーテ

人間は常に迷っている。迷っている間は常に何かを求めている。

何かに迷っている際には、何を求めているのかを具体的にしてみると迷いが晴れる一助となるかもしれません

ヨハン・ゲーテ

若くして求めれば、老いて豊かである

若い時から達観したりはせずに、心のままに色々なことを求めてみましょう。

ヨハン・ゲーテ

向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です

向こう見ずは短所として見られることが多いですが、挑戦する気概が生まれる点では長所にもなり得ます

ヨハン・ゲーテ

最も長く考える者が最も善い選択をする訳ではない

いつまでも悩んでしまう人は、悩むことに制限時間を設定すると良いかもしれません

ヨハン・ゲーテ

誰も知らないない人混みの中ほど、孤独を強く感じる時はない

部屋の隅に一人いる時よりも、知らない人たちの中にいる時の方が孤独を感じるのは不思議ですね

ヨハン・ゲーテ

理解できないことは聞こえない

たとえ正しいことであっても、理解できないことや理解したくないことは聞こえないものです

ヨハン・ゲーテ

他人を知ることで自分自身の理解が深まる

人間の能力や個性とは相対的なものであり、他人の存在なしに自分を測ることはできません

ヨハン・ゲーテ

愛するのが苦手な男は、せめてお世辞の言い方ぐらいは身につけた方がいい

嫌味にならないお世辞の言い方を身に付けておくと、何かと物事がうまく運びます

HOME

\share/