高杉晋作の名言

takasugi-sinsaku

高杉晋作は日本の藩士です。
幕末の長州藩の尊王攘夷運動の中心人物であり、奇兵隊を組織して藩をまとめ、西郷隆盛の薩摩藩と薩長同盟を結び幕府と戦うなど、討幕の立役者の一人です。

高杉晋作

苦労する身は厭わねど、苦労し甲斐のあるように

苦労し甲斐のある苦労をしたいものですね

高杉晋作

真の楽しみは苦しみの中にこそある

苦しい事を乗り越えた先にあるのが楽しさなのかもしれません

高杉晋作

過ちを改めれば、それは過ちではないのだ

間違うのが過ちではなく、間違いを改めないのが過ちなのです

高杉晋作

苦しいという言葉だけは、どんなことがあっても言わないでおこうじゃないか

苦しいと言葉に出すと余計に苦しくなるだけです

高杉晋作

おもしろき こともなき世を おもしろく

「すみなしものは 心なりけり」と続きますが、下の句は野村望東尼が付け加えたものと言われています

高杉晋作

戦いは一日早ければ一日の利益がある。まず飛びだすことだ。思案はそれからでいい。

巧遅よりも拙速の方が良いことも少なくありません

HOME

\share/