板垣退助の名言

itagaki-taisuke

板垣退助は日本の政治家です。
庶民派の政治家として国民から支持され、国民の意見を政治に反映させる「自由民権運動」を行い、日本政治の民主化を主導しました。

板垣退助

私の行動が国家の害と思ったら、もう一度刺してもかまわぬ

板垣退助を殺そうとした加害者が後に謝罪に訪れた時に言った言葉です。 自分の活動への覚悟が知れますね。

板垣退助

板垣死すとも自由は死せず

刺客に襲われた際に言ったとされる名句です。この時に死んだ訳ではなく、その後も立派に自由民権運動を続けました。

HOME

\share/