日本の名言

matsusita-kounosuke

こけたら立ちなはれ

転ぶことを恐れて動かないよりも、転んだら立てばいいぐらいに考えましょう

takasugi-sinsaku

おもしろき こともなき世を おもしろく

「すみなしものは 心なりけり」と続きますが、下の句は野村望東尼が付け加えたものと言われています

itou-tougai

君子は己を省みる。人を謗る暇あらんや

自分磨きに忙しい人に他人の悪口を言う暇はありません

ikkyuu-soujyun

心配するな、大丈夫、なんとかなる

生きていく中で心配事は沢山ありますが、大抵のことは割と何とかなります

ishikawa-takuboku

わが抱く 思想はすべて 金なきに 因するごとし 秋の風吹く

お金の有無は思想にまで影響するようです

terada-torahiko

科学者はあたまが悪くなくてはいけない

不可解な点を認めて苦吟するという意味で、科学者は頭が悪くなければならないそうです

miyamoto-musashi

千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす

一芸を身に着けるには3年必要とはよく言いますが、極めるには30年かかるようです

japan-proverb

あばたもえくぼ

愛が深ければ欠点も長所に見えますが、それは悪いことではありません

matsuo-basho

古人の跡を求めず、古人の求めたる所を求むべし

大事なことは昔の人が何をしたかではなく、何のためにしたかです

mouri-mamoru

宇宙からは国境線は見えなかった

ただし森林伐採が進むメキシコと森林保護が進むグアテマラの国境は分かったようです

\share/