ヨハン・ゲーテの名言

johann-goethe

ヨハン・ゲーテはドイツの文豪・詩人です。
代表作「若きウェルテルの悩み」は今も色あせない名作として世界中で読まれています。またゲーテの詩は多くの作曲家たちの詩に引用され、特にシューベルト作曲の「魔王」が有名です。

ヨハン・ゲーテ

何をいかにやるべきかを考えていたら、何もしないうちに多くの歳月が流れる

考えることは必要ですが、考えすぎるのは無駄です

ヨハン・ゲーテ

向こう見ずは天才であり、力であり、魔法です

向こう見ずは短所として見られることが多いですが、挑戦する気概が生まれる点では長所にもなり得ます

ヨハン・ゲーテ

理解できないことは聞こえない

たとえ正しいことであっても、理解できないことや理解したくないことは聞こえないものです

ヨハン・ゲーテ

自分自身に命令しない者は、いつまでも奴隷のままだ

ちゃんと自分に命令していますか?

ヨハン・ゲーテ

人間の最大の罪は不機嫌である

不機嫌は周囲の人にも伝搬するので、せめて外面に不機嫌が出ないように振舞いましょう

ヨハン・ゲーテ

他人を知ることで自分自身の理解が深まる

人間の能力や個性とは相対的なものであり、他人の存在なしに自分を測ることはできません

ヨハン・ゲーテ

誰も知らないない人混みの中ほど、孤独を強く感じる時はない

部屋の隅に一人いる時よりも、知らない人たちの中にいる時の方が孤独を感じるのは不思議ですね

ヨハン・ゲーテ

人は他人の功績を認めてしまうと、自分の価値が下がると思っている

人を認めて自分の価値が下がる訳でもなければ、人をけなして自分の価値が上がる訳でもありません

ヨハン・ゲーテ

一つのことは万人に当てはまらない。自分にふさわしいやり方を模索しなさい

人にはそれぞれ個性があるので、自分に合ったやり方もそれぞれ違います

ヨハン・ゲーテ

前進しない人は、後退している

世の中は進歩し続けているので、歩みを止めれば相対的に自分の位置は下がっていきます

ヨハン・ゲーテ

光が多いところでは、影も濃くなる

何事もそうです

ヨハン・ゲーテ

人間は努力する限り迷うものだ

迷いは努力の証なのかもしれません

HOME

\share/