ナポレオン・ボナパルトの名言

napoleon-bonaparte

ナポレオン・ボナパルトフランスの軍人・政治家で、フランス第一帝政の皇帝でもありました。帝国は10年で崩壊しナポレオンも失脚して失意のまま死にますが、その鮮烈な生き様はナポレオン伝説として語り継がれています。

ナポレオン・ボナパルト

過ぎたことで心を煩わせるな

失敗を反省する必要はあっても、後悔する必要はありません

ナポレオン・ボナパルト

戦術とは、一点に全ての力を振るうことである

どこに注力してどこに注力しないかを決めるのが戦術で、何でもかんでもやろうとするのは何もしないのと同じです。

ナポレオン・ボナパルト

人間を動かすただ二つの手段は、利益と恐怖である

無償のボランティアですら、目に見えない利益や恐怖を勘定して動いています

ナポレオン・ボナパルト

重大な状況において、ほんのちょっとしたことが、最も大きな出来事を常に決定する。

些事を疎かにすると失敗します

ナポレオン・ボナパルト

状況?何が状況だ。俺が状況を作るのだ。

自分で状況を作れる人はロードマップをあらかじめ描いた上で行動できるから強いです。

ナポレオン・ボナパルト

子どもの将来は、その母の努力によって定まる

親は子どもを良くも悪くもします

ナポレオン・ボナパルト

自然でないものは不完全である

我々は不完全な存在であるが故に、完全に近づく努力をする必要があります

ナポレオン・ボナパルト

宗教は貧しい者が金持ちを殺害することを思い留まらせる

私は宗教を信じていませんが、宗教が世の中に良い作用をもたらしていると信じています

ナポレオン・ボナパルト

会議のやり過ぎで起きることはいつの時代も同じだ。最終的には最悪の策が採られるということである

誰もが納得できる案とは、誰も納得できない案でもあります

ナポレオン・ボナパルト

時間をかけて熟慮すると良い。しかし行動すべき時が来たら、考えるのを止めて進みなさい

考えるべき時に考えないのは問題ですが、行動すべき時にまだ考えているのも問題です

ナポレオン・ボナパルト

余の辞書に不可能という文字はない

不可能な事はありますが、不可能だと思い込んでいるだけの事も少なくありません

ナポレオン・ボナパルト

生きたいと思わねばならない。そして死ぬことを知らねばならない。

真に生きることを考える時、死を知ることを避けては通れません

HOME

\share/