アルトゥル・ショーペンハウアーの名言

arthur-schopenhauer

アルトゥル・ショーペンハウアーはドイツの哲学者です。
インド哲学を学び、その洗練された思想は後の哲学者・芸術家・作家に多大な影響を与え、現代にまで受け継がれています。

アルトゥル・ショーペンハウアー

結婚とは男の権利を半分にして義務を二倍にすることである

女性は賢いから結婚し、男は愚かだから結婚するそうです。

アルトゥル・ショーペンハウアー

自分の本性に逆らって苦労して勝ち得たことは、何の愉しみをも与えてはくれないだろう

時には自分の感情に素直になることも大切です

アルトゥル・ショーペンハウアー

苦しむことなく生きようとすること自体が完全に矛盾しているのだ

生きることに苦しみは付き物です

アルトゥル・ショーペンハウアー

物理学的な説明の代わりに、神の創造力や意志の客観化を引合いに出してはならない

科学と宗教は別の分野の話であり、代替することはできません

アルトゥル・ショーペンハウアー

もしも人間にいかほどの価値があるのなら、人間の運命がこれほど悲しいものにならずに済んだはずだろう

悲観的に思える言ですが、否定はできないかもしれません

アルトゥル・ショーペンハウアー

自分の短所を思い知らされるのは最大級の苦痛となる屈辱だ。自分の無能を見せつけられるよりも、自分の不運を見せつけられる方が遥かに我慢できるのはこのためである

自分の弱さを不運のせいにしてしまうのは楽ですが、根本的な解決になりません

アルトゥル・ショーペンハウアー

知性と本当に対立しているのは感情である

知性と感情が争うことはよくあることで、感情が勝つことも珍しくありません

アルトゥル・ショーペンハウアー

幸せを数えたら、あなたはすぐに幸せになれる

自分は不幸だと思っても、幸せを数えてみると案外幸せであることに気付きます

アルトゥル・ショーペンハウアー

他人の猿真似は他人の衣服を着る以上に恥ずべきことだ。自分が無価値だと言っているようなことなのだから

自分に価値があると思っていれば、他人の猿真似はしないでしょう

アルトゥル・ショーペンハウアー

完全な国家を建てるためには、自分の利益を公共の利益のために犠牲にする人々を創ることから始めなければならない

つまり完全な国家を建てるなんて無理ってことですね

アルトゥル・ショーペンハウアー

自分自身に対する不満とは、自分を弁えない誤った自負と思い上がりから生じた当然の帰結である

自分自身に対する不満の原因は、自分自身の過大評価にあるってことですね

HOME

\share/