【WordPress】テンプレートファイルの呼び出しと利用

wordpress

サイトにおいて同じ記述を複数個所で使うことがあります。 例えばページャーの記述は全く同じものを複数のアーカイブファイルで使ったりしますよね。

こういった記述はテンプレートファイルとしてひとまとめにして呼び出す形で使います。 そうすれば書き間違いになり難いですし、修正の際にも1箇所修正すれば全てに反映されて便利です。

テンプレートファイルを呼び出す書式

テンプレートファイルは独立したPHPファイルに別途記述して随時呼び出す形で使います。 あらかじめPHPファイルを作り、それをget_template_part関数にて呼び出します。

テンプレートファイルはphpファイルなので、拡張子は不要です。

get_template_part( 'ファイル名' ); 

テンプレートファイルのhoge.phpを呼び出したい場合は以下のようになります。

get_template_part( 'hoge' ); 

テンプレートファイルを引数付きで呼び出す

テンプレートを引数付きで呼び出すことも可能です。 テンプレートファイル「hoge.php」を引数「arg」付きで呼び出し、引数には1を指定します。

<?PHP
  set_query_var( 'arg', 1);
  get_template_part( 'hoge' ); 
?>

テンプレートファイル側で引数を取得してテンプレートファイルで使います。 引数は見出し名として使ったり、判定フラグとして使ったりなど使い方は色々あります。

<?PHP
  $sns_flg = get_query_var('arg');
  if($hoge_flg == 1){
    hogehoge
  }else{
    hogehoge
  }
?>

他の記事

eyecatch

セレクタとプロパティの基本

eyecatch

定義済み定数

eyecatch

レスポンシブウェブデザインの設定方法

eyecatch

サイトの常時SSL(https化)の作業手順および備忘録

eyecatch

ConohaのVPSにWordPressをインストールするまでの備忘録

eyecatch

JavaScriptの繰り返し処理

\share/

  • hatebu
  • line

HOME