サイドバーのメリット・デメリットとサイドバー不要論

web

サイドバーとは

サイドバーとはブログ興隆期にウェブサイトに浸透した、画面横にあるナビゲーションです。 新着記事、カテゴリやタグ、人気記事などを設置することが多いでしょうか。

サイドバーの設置場所は左・右・左右両方の3通りがあります。 人間工学的にはウェブサイトは左上から見始めるため、ナビゲーションを強調したい場合はサイドバーを左に、ナビゲーションを補助として使う場合は右に設置すると良いと言われています。

左右両方にサイドバーを設置する「両サイドバー」なサイトもありますが、とっ散らかった印象を受けるので基本的に真似しない方が良いです。

サイドバー不要論の根拠

サイドバーは長らく多くのサイトに鎮座し続け、今なお採用しているサイトは多いです。 しかしインターネット黎明期と比較するとその効果は減少しました。

そうして唱えられているのがサイドバー不要論です。 そう言われる理由をいくつか説明しましょう。

目が滑る上にナビゲーションとしても中途半端

サイドバーはメイン領域の横に付いているので、どちらも同時に読むことはありません。 しかしどちらを読むにしても他方の存在が気になって目が滑ります。

また記事を下まで読んだ後にはよほど短い記事でない限りはサイドバーは上方に置きざりになります。 読了後にサイドバーのリンクを辿ろうとしても上まで戻らなければなりません。 それならサイドバーの役割を持つ領域をフッターに付けた方が良い気がしますよね。

スマホユーザーの役に立たない

ブログ興隆期にはほとんどのユーザーが大画面PCモニタでサイトを閲覧していました。 しかし時代は変わり今やユーザーの半数以上がスマホやタブレットなどの小~中画面端末でサイトを閲覧しています。

サイドバーは解像度に余裕がある大画面でしか表示できません。 今日においてのサイドバーは多数のユーザーに認識すらされない機能なのです。

ちなみに小~中画面端末の端末からアクセスがあった場合、サイト側はサイドバーを下に送るか、表示しない設定をする場合が多いです。

SEO的に重要でなくなった

かつてサイドバーがSEOに大きな役割を果たす時代がありました。 サイドバーがあるだけで検索上位になるなら、そりゃサイドバーを付けます。

しかし今はそんなことありません。 ナビゲーションの必要性は依然変わりませんが、それがサイドバーである必要はなくなっています。

ナビゲーションはヘッダーやフッターに置くのが主流であり、その上サイドバーが必要なのかは一考の余地があります。

サイドバーのメリット

サイドバーは「目が滑る」と言いましたが、これは何も悪いことばかりではありません。 画面下部のナビゲーションはそこまでスクロールしないと存在自体を認識できないのに対し、サイドバーのナビゲーションは記事を読んでいるうちに認識します。

面白そうなことが書かれていれば後で見ようと思いますし、記事が面白ければ他の記事を探そうと上にあったサイドバーから遷移するかもしれません。

とある統計によればサイドバーの使用者は1%前後と言われています。 利用率としては少なく見えますが利用しているユーザーはいるという証左でもあり、その機能を「目が滑るから」という理由で取っ払うのが正しいのかは判断が分かれるところでしょう。

それに言うほど邪魔になる訳でもありません。 多くのサイトでサイドバーが採用されていますが、そういったサイトで記事を読む時にサイドバーが気になって頭に入ってこないなんてこともないでしょう。

サイドバーは設置しても大した効果はないかもしれません。 しかし無いよりはあった方が良い気がするのが設置されている主な理由ですかね。

サイドバー不要論が唱えられて久しいですし、サイトバーのないサイトもそれなりに存在しています。 しかしサイドバーは依然として高い採用率を誇っています。

どれだけサイドバーが活用されるかはサイトの性質や閲覧者の属性にもよります。 採用するか悩んでいる場合にはとりあえず置いてみて、各種統計や利用状況を取った上で判断するのがいいかもしれませんね。

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

eyecatch

デバッグモードでサイトのエラーを確認する

eyecatch

JavaScriptの条件分岐

eyecatch

エスケープシーケンス

eyecatch

デバイスのビューエリアや解像度でスタイルを切り替える方法

eyecatch

JavaScriptの配列

eyecatch

ウェブサイトの需要と供給から考えるアクセスアップ

HOME