SEO(検索エンジン最適化)よりUO(ユーザ最適化)を心がける

web

アクセスアップのためにSEOをどうしろこうしろという話は沢山あります。 まああなたがSEOについて全く知らないのであれば、ざっとでもSEOについて学んでおいた方が良いとは思います。

ただSEOに囚われすぎるのもそれはそれで問題です。 本当にウェブサイト運営者が見なければならないのは検索エンジンではなくウェブサイトに訪れてくれるユーザですよね。

なのでSEOではなくUOを心がけようという話です。

SEOではなくUOを心がけよう

サイトを運営している以上は沢山の人に見てもらいたい=アクセス数が欲しいのが人情です。 もし検索エンジンに上位表示してもらえるようになれば当然サイトのアクセス数は増えます。 そのためにSEOを勉強してサイトの構成を考えたり、SEOを意識した記事を書いたりする人も多いです。 しかしこれ、本末転倒な気がしませんか?

その昔、ページの被リンク数が強く検索順位に影響する時代がありました。 沢山被リンクがあるだけで検索順位が上位になり、SEO業者はサテライトサイトと呼ばれる被リンク稼ぎサイトを作りtwitter_botで拡散したりしました。 そうして検索エンジンで上位表示されるようになったのは良いコンテンツではなく被リンク数の多いサイトでした。

しかしこれはユーザーにとっても検索エンジンにとっても具合が良くありません。 ユーザーは「自分が求めるページ」を表示して欲しいのであって「最もSEOに優れたページ」を表示して欲しい訳ではありません。 そしてユーザが求める情報を提示したい検索エンジンにとってもそれは同じです。

そして現在、検索順位にページの被リンク数はあまり評価されなくなりました。 全くされなくなった訳ではありませんが、少なくとも一時期よりは全然影響は少なくなりました。

検索エンジンがどのようなページを上位表示するかの判定ロジックは「よりユーザが求めるページを上位に表示できるように」定期的に変更されています。 小手先のSEOテクニックだけで上位表示されていたサイトは、ロジックの変更で大きく順位を下げることになります。

サイト運営者が本当に気にすべきなのは「ユーザが求めるコンテンツを作ること」であってSEOを意識したページを作ることではないのです。 質の高いコンテンツを作れば自ずと検索エンジンの評価も高まります。SEOや検索順位に一喜一憂するよりも、淡々と質の高いコンテンツを作った方が結果的に流入ユーザが多くなります。

これが商用サイトや膨大なアクセス数を誇るサイトで専任のSEO担当がいるレベルであればSEOを常に意識する意味はあります。 しかし中小個人サイトの運営者はSEOなんて気にする必要はなく、本当に気にすべきなのは「User Optimization」つまり「UO(ユーザ最適化)」なのです。

そしてUOを考慮すれば自ずとSEOも考慮されることになります。 何故ならUOは検索エンジンが向いている方向と同じだからです。

UO(ユーザ最適化)のためにはどうすればよいか

ユーザ最適化と言ってみましたが、UOといきなり言われても一体何のことだか分かりませんよね。 言ってみればSEOだってUOの一環ですが、一体何をすればいいのでしょうか。

答えは「長期的なSEO」だけを考えようということです。 そして長期的なSEOとは質の高いコンテンツの提供に他なりません。具体的には以下の3点です。

綺麗な内装とは

レイアウトがガタガタ、リンク先や画像が404で表示できない、誤字脱字だらけ、枠の中から文字がはみ出しているなど、サイトに問題があるとユーザは違和感を抱きます。 どれだけそこに良い事が書いてあっても、画像が404なだけで一気に信用できなくなりますよね。

つまり最低限のサイトとしての体裁は整えましょうということです。 (このサイトもあまり偉そうなことが言えるような状態ではないのですが…)

加えてサイトデザインにはある程度の流行があります。 別に最先端のデザインや芸術的なレイアウトは必要ありませんが、最低限「古くさっ!」と思われないようなレイアウトにしておくべきでしょう。

目立つ看板とは

これはページの題名、つまりは「h1タグ」のことです。 いくらコンテンツが充実していても、検索エンジンからはページの題名しか見えません。 そこで「クリックしたい」と思わせることができなければ、折角のコンテンツも宝の持ち腐れです。

キーワードを含めたなるべく魅力的な題名を考え、それをh1タグに入力しましょう。 なお主要検索エンジンは題名の文字数が多すぎると省略形で表示されるので、文字数は32文字以内に収めましょう。

これが行き過ぎると煽るような題名になって、また賛否が分かれたりするのですが…

質の高いコンテンツ

そして当然ですが質の高いコンテンツが必要です。 質の高いコンテンツとは、独自性の高い専門的なコンテンツです。

似たようなことが他のサイトに書かれているならそちらを見ればいいですからね。 またあまりに似すぎているとコピーと見做されてペナルティを受けることもあります。

そして実のあることを端的に書きましょうという事です。 この辺もサイトの性質によって最適な題材や書き方は変わってくるので「どうすべき」と一口には言えませんが、言わんとしていることは分かりますよね。

よくサイトの記事について「〇文字以上にすべき」という記述を見ますが、明確に何文字が良いと決まっている訳ではありません。 twitterなどは140文字で検索エンジンに食い込んできますし、独自性や専門性が担保されているのであれば気にする必要はないでしょう。 ただし短い記事は被りやすい分、独自性の担保が難しいのは否定できません。

また同じ題材でも「誰に向けた記事なのか」で何をどのようにどれぐらい書くべきかは変わってきます。 例えば幼児向けの童話を記事にする場合、大き目の絵+100文字を1記事としても問題ないと思われます。 ユーザが求めるコンテンツこそがあるべき形なのですから。

まとめ

以上、ユーザ最適化を意識しようという話でした。 ネットに転がっているSEOの記事を読むと、既に時代遅れになっているテクニックが堂々と書いていたりします。 また書いていることが現在正しくても、検索エンジンの仕様改定とともに陳腐化してしまいます。

膨大なアクセスを持つサイトを運営しているのであればともかく、中小サイトは小手先のテクニックに踊らされるだけ時間の無駄です。 いちいちSEOの小技に拘るよりも、質の高い記事を1本書いた方がよほど効果的でしょう。

ただし一般的に言われているSEO対策に全く効果がないという訳ではなく、競合サイトから頭ひとつ抜けるには有用な場合もあります。 知識として知っておいてある程度すり合わせる必要はありますが、囚われすぎることはないという話です。 将来的なサイトのあるべき形を見据えつつ、限られたリソースをどこに振るかを適宜判断しましょう。

\share/

よく読まれている記事