XAMPPでローカルにPHP開発環境を設定する

PHPはサーバーサイドスクリプト言語なので、実行するにはPHPを使用可能なサーバに格納する必要があります。 PHPを使用可能なレンタルサーバなどを借りれば、大抵は所定の場所に格納するだけで動きます。

しかしいきなりサーバを借りてアップしたりするのは気が引けると思うので、まずはローカルにPHP開発環境を設定てみましょう。

XAMPPをインストールする

PHPファイルをダウンロードする手もありますが、XAMPPをインストールする方が手っ取り早いです。 以下の記事を参考にXAMPPを導入してください。

導入が完了したらAPACHEを起動しておいてください。

PHPファイルを格納する

「Hello.PHP」ファイルを作成し、とりあえず以下のコードを記述してください。 作成したファイルはxampp¥htdocsフォルダに格納してください。


  
    <title>Hello World!</title>
  
  
    <?PHP echo '<p>Hello World!</p>' ?>
  

PHPの処理結果を表示する

ブラウザのアドレスバーに「http://localhost/Hello.PHP」と入力してPHPファイルへアクセスしてください。 「Hello world!」と表示されていればOKです。PHP開発環境が整いました。

B!

関連記事

HOME