ファイルの作成方法

PHP

PHPは拡張子が「.PHP」であるPHPファイルを作り、HTML文書に埋め込んで記述します。 新規に作るのであれば拡張子を「.PHP」にして保存しましょう。既存のファイルをPHPファイルに変更するのであれば、拡張子を「.txt」や「.HTML」から「.PHP」へ変更すればPHPファイルとなります。

またPHPの記述がないHTMLファイルをPHPファイルにしても問題ありません。通常のHTMLファイルとして動作します。

PHPファイルの作成方法を2つ紹介しておきます。

ファイルをPHPファイルとして保存する

テキストエディタを開いて「名前を付けて保存」を選択します。

php-create-file1

ファイルの種類を「すべてのファイル*.*」にして、ファイル名の拡張子を「*.PHP」として保存します。

php-create-file2

直接拡張子を弄る

ファイルの拡張子を表示する設定にしていれば、直接拡張子を変えることも可能です。 F2キーでファイル名を選択し、直接拡張子を「.PHP」に変更します。

php-create-file3

\share/

  • hatebu
  • line

他の記事

eyecatch

WordPressのアップデート方法

eyecatch

XAMPPをインストールする方法

eyecatch

定義済み定数

eyecatch

デバイスごとの解像度差をdevicePixelRatioで調整する方法

eyecatch

キャッシュマニフェストでキャッシュを指定する

eyecatch

要素の階層構造

HOME